auひかりの評判は?利用者の悪い・良い口コミまとめ

  • 2020年10月14日
  • 2021年3月30日
  • auひかり
  • 214view

auひかりはどんな人に最適なサービス?

auひかりは、KDDIが準備した独自回線によって運営されている光回線サービスです。

auスマホとセットにすることで、月額料金が1回線につき最大1,000円割引されます。

そのためauスマホユーザーが光回線を契約する際に、真っ先に検討したいサービスの1つといえるでしょう。

auひかりの一般的なプランの月額料金は以下の通りです。

住まい 月額料金 auスマホユーザー
一戸建て向け
(ずっとギガ得プラン)
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円
500円割引
(2021年1月以降は最大1,000円)
集合住宅向け 3,400円~5,000円(※)

※お住まいの集合住宅によってえらべるプランが異なります。

auひかりの悪い口コミ

auひかり 悪い口コミ

auひかりを利用する前に、利用者の悪い口コミ・評判を理解しておきましょう。

実際に利用してから後悔しないように、料金プラン・キャンペーン情報をチェックしておきましょう。

一部の地域ではサービスを利用・契約できない

前述したように、auひかりは独自の光回線設備を使っています。

それはauひかりのメリットであると同時に、デメリットにもなっています。

光コラボをはじめ多くの光回線サービスが使っている、NTT東西の光回線設備については、ほぼ日本全国が提供エリアと言われています。

現在もサービス提供を続けるNTT東西のフレッツ光に関しては、エリアカバー率が95%とのこと。

一方、auひかりについては、提供エリアを広げてはいるものの、エリアカバー率は約70%と言われています。

人口の少ない郊外を中心に、他の光回線サービスと比べて提供エリア外になるケースがあります

提供エリア外であれば当然auひかりは申し込めないため、他社光回線サービスを選ぶことになります。

ですがauひかりが対象エリア外の場合、以下の光回線を選ぶとauユーザーでもスマホのセット割が利用できます。

キャンペーンもありますので、それぞれ確認してみるといいでしょう。

回線名 対象エリア キャンペーン
So-net光 全国 最大40,000円キャッシュバック+11ヶ月間1,000円割引
eo光 近畿 商品券10,000円分プレゼント+工事費実質無料
コミュファ光 東海 最大70,000円キャッシュバック

 

auひかりを半年以上使ってきましたが、引っ越し後にいきなりネットが繋がらなくなりました。 サービスエリア確認してみたところ、引っ越し先は対応エリア外だったことが発覚。 メールやZOOMすらできない状態なので、近々他の光回線へ乗り換えようかと考えています。

友人からFPSやろうぜ!と誘われ、いい機会なので光回線を契約することに決定。 auひかりでスマホとのセット割を申し込もうとしたけど、対応エリア外だから利用できないと言われた・・・ 仕方ないので今回はso-net光プラス申し込むことにします。

集合住宅は設備によって通信速度が変化する

auひかりの集合住宅向けサービスは、集合住宅ごとに提供タイプが異なり、それによって敷設されている設備に差があります。

その結果、ある集合住宅では最大1Gbpsの設備でauひかりが利用でき、別の集合住宅のauひかりは最大100Mbpsといった差が生じるわけです。

提供タイプに関しては、サービスが敷設された時期や見込まれる契約数によって決められるため、残念ながら利用者自身で選ぶことができません。

そのため最大1Gbpsのタイプと比べ、最大100Mbpsのタイプの集合住宅は、通信速度が遅くなる可能性が高くなるわけです。

これが集合住宅でauひかりを使う際のデメリットです。

マンション等にお住まいでauひかりを使う場合は、まずその集合住宅で使えるauひかりの最大通信速度がどのくらいかチェックしましょう。

その他、集合住宅によっても利用者数が異なるため、当然ながらより利用者数が多い方が混雑しやすく通信速度も遅くなりやすいということもあります。

不安であれば、同じ集合住宅に住む他のauひかり利用者に、使い勝手はどうか聞いてみてもよいでしょう。

新居で早速auひかり使ってみたけど、思ってたより通信速度が遅くて悲しい・・・ 公式サイトでは最大1Gbpsと書いてあるけど、速度計ったらなぜか78Mbps。 そういや引っ越す時に対応エリアは確認したけど、マンション設備は調べてなかったな。

今までマンションの無料ネット使っていたけど、4日前ついにauひかりを契約しました! 前使ってたやつは100Mbpsも出なかったけど、最近は230 Mbps出るようになってて驚き。 ただマンションの設備が古いから、たまに通信遅くなるんだよね。

auひかりの口コミでわかるメリット

auひかり メリット

auひかりは他の光回線サービスと比較しても、さまざまなメリットのあるサービスです。

以下、auひかりのメリットを1つずつ簡単に紹介します。

スマホ料金が最大1,000円割引される

auスマホの利用者がauひかりをセットで契約すると、auスマートバリューの対象となり、スマホ料金が最大1,000円割引となります。

契約プラン 月額割引額
データMAX 5G
データMAX 4G LTE
auフラットプラン20
auフラットプラン30
1,000円/月割引
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
新auピタットプラン
1GBまで:割引なし
1GB超:500円/月割引
auピタットプラン 2GBまで:500円/月割引
2GB超:1,000円/月割引

※上記に掲載している以外の旧プランについては、割引されなかったり割引が一定期間に限定されたりします。詳細はauスマートバリュー公式サイトを確認ください。

さらにauスマートバリューは契約者だけでなく家族も対象となります。

たとえばお父さん・お母さんとお子さんが2人の4人家族が全員auスマホユーザーなら、家族全員で1000円×4人=月額合計最大4,000円の割引が受けられるわけです。

1年間にすると48,000円の割引。非常にお得ですね。

くわえてauスマートバリューは同居している家族の他、50歳以上の家族であれば離れていて住んでいても適用が可能。

田舎に暮らす祖父母がauスマホユーザーなら、さらに1,000円×2人=月額最大2,000円の割引も受けられるということです。

※auスマートバリューを適用できるauスマホ側の回線数の上限は、auひかり1契約につき10回線までです

以前に比べて安くなっているとは言え、毎月のスマホ費用が家計の重い負担となっている世帯は多いのではないでしょうか。

その中で、これだけの割引が受けられれば非常に助かります。

スマホ料金がかなり安くなると聞いてauひかり申し込んだけど、選んで正解だったわ。
スマートバリュー適用で、月額料金がずっと2,000円安くなるとか太っ腹すぎる!
ネット速度も爆速だし、たぶんずっと使い続けるだろうな。

2週間前までポケットWi-Fi使ってましたが、通信が悪すぎたのでauひかりに乗り換えしました。
解約する時に違約金が26,000円ぐらい出たけど、auひかりのおかげで一円も払わずに済んだ・・・
ネトフリはロードなしですぐ見れるし、スマホ料金も安くなったしで大満足です♪

他社違約金を最大3万円まで還元可能

auひかりでは、他社インターネット回線サービスからの乗り換えの場合に、発生した解約金に相当する額を最大30,000円まで還元する「auひかり 新スタートサポート」というサービスを展開しています。

インターネット回線を移行したくても、高い解約金のせいで諦めることも多いですから、こういったサービスはありがたいですね。

乗り換え時にかかる負担を減らすことができます。

なお還元方法は、au pay残高にキャッシュバック(チャージ)するか郵便振替かいずれかから選びます。

くわえて「auひかり 新スタートサポート」では、auひかりの契約1つに対して2つ以上のauスマホの契約をセットにすることで、1台につき最大1万円の還元もしてくれてさらにお得

還元方法は解約金に対するキャッシュバックと同じく、au pay残高へのキャッシュバックか郵便振替です。

当記事では、以下の申込先から申込みすると、キャッシュバックキャンペーンとして最大110,000円の還元が受け取れます。

WEB上から簡単に申し込めるので、auひかりを検討している方は、下記から申し込むとお得に利用が可能です。

プロバイダを自由に選択できる

au ひかりでは、インターネット接続に必要なプロバイダを自分で選ぶことができるようになっています。

プロバイダごとにお得なキャンペーンを用意しているため、自分の希望に近いプロバイダを選ぶとよいでしょう。

以下、選択可能なプロバイダと、それぞれのキャンペーンを表形式にしてまとめて紹介します。

プロバイダ キャンペーン内容
au one net ・10,000円のキャッシュバック
・工事費実質無料
・有料サポートオプション初月無料
・セキュリティオプション初月無料
とくとくBB ・最大20,000円のキャッシュバック
・工事費実質無料
・月額利用金割引
BIGLOBE ・最大20,000円のキャッシュバック
※キャッシュバックの代わりに月額料金の割引も可能
・工事費実質無料(集合住宅向け)
・セキュリティオプション最大6ヵ月無料
・有料サポートオプション最大2ヵ月無料
@nifty ・最大25,000円のキャッシュバック
・月額料金の割引
・セキュリティオプション初月無料
・優待サービス初月無料
・無線LANルータープレゼント
So-net ・月額料金の割引
・工事費実質無料※一戸建てプランは一定期間
・セキュリティオプション最大12ヵ月無料
・有料サポートオプション最大12ヵ月無料
・「くらしのお守り」オプション最大12ヵ月無料
DTI ・38,000円のキャッシュバック
・工事費実質無料
ASAHIネット ・月額料金の割引
・セキュリティオプション最大12ヵ月無料
・データ無制限バックアップ最大2ヵ月無料
・工事費実質無料※集合住宅向けのみ
TCOM ・工事費実質無料
・有料サポートオプション初月無料
・セキュリティオプション最大3ヵ月無料

ご覧の通り、プロバイダごとにいろいろな特典を付けています。お好みの特典が充実しているプロバイダを選ぶとよいでしょう。

auひかりは半年ぐらい前にちょうどキャンペーン実施中だったBIGLOBEで申し込んだけど、内容かなり充実してたよ。
キャッシュバック20,000円に工事費無料、ネットセキュリティも半年無料で使えた。
でも今思えば、他のプロバイダがやってるキャンペーンもチェックしとけばよかったな。

auひかりは他の光回線より通信速いと聞いてたけど、使ってみてすぐわかった!
前使ってたフレッツ光は126Mbpsだったけど、今計ったら243Mbpsまで速度アップしてた。
金曜の夜は毎回通信遅かったのに、独自回線だとこんなに違うんだねぇ・・・

独自のネット回線を利用している

多くの光回線サービスは、NTTからフレッツ光と同様の光回線設備を借りてサービス運営をしています。

たいしてauひかりが利用するのは、自社で運営する独自の光回線設備です。

より具体的にはKDDI自身が保有する光回線設備と、NTTから借り受けた「ダークファイバ」と呼ばれる光回線を使って自社運営する光回線設備をauひかり用につかっています。

それでは、独自の光回線設備を使うことのメリットはどこにあるのでしょうか。

結論から言うと、通信速度が速くなることです。

自社独自の光回線設備を使うことにより、光回線をより多くのユーザーで共有している他社光回線サービスと比べ混雑しにくく通信速度が速くなりやすいと言われます。

昨今では光回線を利用するユーザーも増え混雑しているためか、特にインターネットがよく使われる夜間をはじめ、通信速度が遅いという声はよく聞かれます。

一方で独自回線を使うauひかりについては、通信速度が速いというユーザーの評判が多いです。

他社と比べても、auひかりなら時間帯によらず安定的に高速な通信速度を利用できる可能性が高いわけです。

通信速度にこだわりたい方は、auひかりは検討したい光回線サービスと言えるでしょう。

auひかりの料金プラン

auひかり プラン

auひかりには、契約期間が異なる以下3つの料金プランの種類があります。

プラン名 概要
ずっとギガ得プラン 3つのプランの中で最も契約期間が長い代わりに、月額料金が一番安いプラン。
3年ごとに訪れる契約更新月以外に解約すると15,000円の解約金が請求される。
ギガ得プラン 契約期間が2年間のプラン。
標準プランより月額料金は安い。2年ごとに訪れる契約更新月以外に解約すると、
9,500円の解約金が請求される。
標準プラン 契約期間の縛りがないプラン。
代わりに月額料金は3つの料金プランの中で最も高くなる。またキャッシュバックをはじめ、
標準プランは多くのキャンペーンが適用外となる。

一見してみると、契約期間の縛りがない標準プランが最も契約しやすいようにも見えます。

しかし標準プランは最も月額料金が高いため、お得とは言えません。

長い目で見ると仮に解約金を支払って契約更新月以外に解約したとしても、他のプランの方が割安になることの方が多いためです。

さらに標準プランはキャッシュバック等のキャンペーンの対象外になることが多いです。

契約期間の縛りがあったとしても、ずっとギガ得プランやギガ得プランを選んだ方がよいでしょう。

以下、プランごとの月額料金をまとめます。

なお表記しているのは、プロバイダにau one netを選んだ場合の最も標準的な料金です。

前述の通りプロバイダによっては月額料金の割引を行っているので、さらに安くなります。

【auひかりホーム1ギガ】

下り上り共に最大1Gbpsの戸建て住宅向けプランです。

プラン名 月額料金
auひかりホーム1ギガ
ずっとギガ得プラン
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
auひかりホーム1ギガ
ギガ得プラン
5,200円
auひかりホーム1ギガ
標準プラン
6,300円

ご覧のように、ずっとギガ得プランと標準プランの間で最大1,400円も月額料金の差があります。

契約期間の縛りがあるとはいえ、ギガ得プランやずっとギガ得プランの方がお得であることがわかるでしょう。

【auひかりホーム5ギガ】

下り上り共に最大5Gbpsの戸建て住宅向けプランです。

auひかりホーム1ギガに比べ提供エリアは限られています。

プラン名 月額料金
auひかりホーム5ギガ
ずっとギガ得プラン
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
auひかりホーム5ギガ
ギガ得プラン
5,700円
auひかりホーム5ギガ
標準プラン
6,800円

【auひかりホーム10ギガ】

下り上り共に最大10Gbpsの戸建て住宅向けプランです。こちらも、auひかりホーム1ギガに比べ提供エリアは限られています。

プラン名 月額料金
auひかりホーム10ギガ
ずっとギガ得プラン
1年目:6,380円
2年目:6,280円
3年目~:6,180円
auひかりホーム10ギガ
ギガ得プラン
6,480円
auひかりホーム10ギガ
標準プラン
7,580円

5ギガ・10ギガ対応地域は以下の通りとなります。

高速サービス5ギガ、10ギガの提供エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部です。提供エリアでのみ高速サービスにお申し込みいただけます。

出典:auひかり説明事項(重要) 共通編

【オプション】

次に各オプションの月額料金は以下の通りです。

オプション名 概要 月額料金
au ひかり電話 通話料金がお得になる固定電話サービス 500円~
auひかりテレビ 自宅のテレビで、様々な専門チャンネルが視聴できるようになるサービス 500円~
無線LANレンタル Wi-Fi接続するための機器をレンタルするサービス 500円
※auスマートバリュー加入で無料に
au HOME スマートフォンから自宅の家電を遠隔操作できるようにするサービス 490円~
安心ネットフィルター 危険なサイトの閲覧を制限するサービス 190円
おうちトラブルサポート トイレの詰まりや鍵の紛失など日常生活でのトラブルに対応するサービス 400円
※auひかりマンションお得Aプランは無料
かけつけ設定サポート 専門スタッフが顧客宅を訪問し、インターネット接続設定を行うサービス 訪問ごとに料金が発生

【初期費用】

auひかりの契約時にかかる費用は以下の通りです。

<契約事務手数料>

  • 3,000円

<工事費用>

戸建て住宅 一括:37,500円
分割:625円×60回払い
集合住宅 一括:30,000円
分割:1,250円×24回払い

※土日祝日の場合は3,000円の追加

auひかりは前述の通り独自の光回線設備を利用する関係上、他の光回線サービスより工事費用が高くなっています。(例:ソフトバンク光であれば2,000円~24,000円。場合によっては無料)

ただしプロバイダによっては、工事費の実質無料キャンペーンを展開しているため、節約したい場合は、そういったプロバイダを優先して選ぶとよいでしょう。

マンションの月額料金について

auひかり マンション

集合住宅(マンション)向けのプランは、設備や利用人数等によってマンションごとに指定されています。

利用者の希望で選ぶことはできません。

マンションにお住まいでauひかりを利用したい場合、ご自身のマンションでどのプランが加入できるか公式サイトなどで確認する必要があります。

プランごとに最大通信速度も異なるので、あわせてチェックしてください。

以下、マンション向けの各プランの月額料金をまとめて紹介します。

プラン名 最大通信速度 月額料金
タイプG16 下り:664Mbps
上り:166Mbps
3,800円
タイプG8 下り:664Mbps
上り:166Mbps
4,100円
タイプV16 下り:100Mbps
上り:100Mbps
3,800円
タイプV8 下り:100Mbps
上り:100Mbps
4,100円
都市機構デラックス 下り:100Mbps
上り:35Mbps
3,800円
都市機構G 下り:830Mbps
上り:830Mbps
※上下共に最大100Mbpsに制限される場合あり
3,800円
タイプE16 下り:100Mbps
上り:100Mbps
3,400円
タイプE8 下り:100Mbps
上り:100Mbps
3,700円
タイプF 下り:100Mbps
上り:100Mbps
3,900円
マンションギガ 下り:1Gbps
上り:1Gbps
4,050円
マンションミニギガ 下り:1Gbps
上り:1Gbps
5,000円

このうちタイプE8・16などの数字は、そのマンションでの契約数を表しています。

たとえば8契約以上ならタイプE8、16契約以上ならタイプE16の契約になるということです。

新しいプランが魅力的でも「手続きがめんどうだ」と契約を見送ることはありませんか?しかし通信費は固定費なので、長期的な家計だと考えましょう。
現状維持を重要視し、変革を嫌うことを「現状維持バイアス」といいます。家計管理ではバイアスを避け、最適なプランに切り替えることも大切です。
同記事を参考に、ネットなどに詳しい友人・知人に一度相談してみるのも有効でしょう。

まとめ

auひかりはauスマホの契約者であれば、非常にお得に利用できる光回線サービスです。

auスマートバリュー適用で、auスマホが1回線あたり最大1,000円/月の割引となります。

また独自回線の利用で、他光回線サービスと比べても安定して高速な通信を使いやすいなどのメリットもあります。

一方、他光回線サービスと比較して対応エリアが狭いなどのデメリットがあるのも否めません。

ただ、auスマホユーザーにとってお得なサービスであることは変わらないので、気になる方は、まず公式サイト等で提供エリア確認をしてみてはいかがでしょうか。

提供エリア内であれば、auひかりは光回線サービスをえらぶときに、auスマホユーザーならまず優先して検討したいサービスと言えます。

この記事の監修者

内山 貴博 先生 概要

ファイナンシャル・プランナー(CFP)
大学在学中にファイナンシャルプランナー資格(AFP)を取得。
卒業後証券会社の本社部門にて勤務後、2006年にFPとして独立。
経営と家計を融合したコンサルティング業務を得意とし、日本で暮らす外国人向けのコンサルティングにも尽力する。
専門誌や情報サイトでの執筆多数。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5

送信

     

キャンセル

レビューを書いてみましょう

平均:  

 15 レビュー

byミャアウ onauひかり
「povo」はじまりますよ♪

povoプラン、というのがauでも始まりますよね♪

20GBで2,480円。

…まあ、auなので、ちょこちょととサブメニューで取られて、4000円くらいにはなりそうですが(笑)

3月から開始予定らしいです。ちょっと楽しみ♪

byピッカリ onauひかり
あっちでは・・・

あっちでは、「ahamo」が始まりますよね~。
auは、どうするんだろう?
UQモバイルで対抗できるんかな?
もうちょっと値下げプランを考えた方がよさそう?

by四太郎 onauひかり
auスマートバリュー、本当にいい。

今まで、auスマートバリュー非対応のプロバイダーだったので、思い切って『auひかり』に変更してみました。
いや~、早く変更するべきでした。
こんなに通信費を抑えられるとは…!!
ネット速度も安定して速いし。うれしい限り!!

byねむりん onauひかり
いつの間にかpontaポイント(笑)

auって、いつの間にかauポイントからpontaポイントになりましたね。
いや、じゃらんとかのリクルート系サイトでも使えるから、まとまるのは便利なんだけれどまとめ方がわからない(^▽^;)
auひかり&auスマホ使っているんで、じゃらんでも使えるようになれば旅行もちょっとだけ安く抑えられるから。
逆に、じゃらんで宿泊してポイントもらったら、auペイでも使用できるし。便利になりそうなんだけれど…
どうやってアカウントを統一するんだろ?(笑)

byNo.6 onauひかり
まとめました。

auスマホ持っていて、機種変の時に勧められたので、auひかり&auでんき&auガスにしてみましたよ。
支払いがガッツリ減ってうれしいです。
しかも、電気料金とかにもpontaポイントが付くので、au Payを使っている身としてはありがたい限りです。
au長期ユーザーは、なかなかの恩恵を受けられると思いますよ。
長いことau使っていている方は、見直しをオススメします!
あ、ネットスピードももちろん上がりました。なかなか快適です。

Page 1 of 3:
«

 

 

1
2
3

 

»

 

au光はどんな人に最適なサービス?
最新情報をチェックしよう!

auひかりの最新記事8件