エキサイトMEC光の評判は?契約前にわかるデメリット・メリット

エキサイトMEC 評判

光回線サービスの多くは契約期間が設定されており、その期間内に解約してしまうと違約金が発生します。

たとえばある光回線サービスでは、2年契約で契約更新月以外に解約すると9,500円の違約金が請求されます。

決して少ない金額ではないので、契約期間内は解約しづらいのが正直なところです。

その点、excite MEC光は契約期間や最低利用期間がありません。

解約時に違約金が発生することがないので、他の光回線サービスと比べて気軽に契約できるのが大きな特徴。
気になる月額料金は以下の通りです。

名称 一戸建て 集合住宅
excite MEC光
(オプションなし)
4,500円 3,500円

excite MEC光のデメリット

excite MEC光のメリットをみてきました。紹介したようにexcite MEC光には多くのメリットがありましたが、

その一方で細かいデメリットがないわけではありません。

光回線サービスを選ぶときには、そのサービスのデメリットも知っておきたいですね。

ここでは、excite MEC光を契約する主な2つのデメリットを紹介します。

還元キャンペーンを実施していない

他社光回線サービスでは、数万円のキャッシュバックや月額割引といった各種還元キャンペーンを実施していることがあります。

対してexcite MEC光では、還元キャンペーンを行っていません。

【他社キャッシュバックキャンペーンの例】

ドコモ光 20,000円のキャッシュバック。
※GMOとくとくBB経由での申込、
なおかつDAZN for docomo(オプション料金:月額980円)を契約する場合
auひかり 10,000円のキャッシュバック
※プロバイダにau one netを選び
かつ月額500円の有料電話オプションを利用する場合
@nifty光 30,000円のキャッシュバック
※ウェブ申込で、なおかつ契約期間が3年のプランを選択する場合

(紹介した例ではキャンペーン適用のために、いずれも有料オプション契約等の条件を満たすことが必要)

これがexcite MEC光のデメリットと言えばデメリットです。

ただし、前述の通り月額料金が安いので、キャンペーンを行っていないからと言って、
トータル的なコストはキャンペーンを実施している光回線とほぼ変わりません。

むしろキャンペーン適用のために有料オプションを契約したり、何がしかの手続きをしたりする必要がないだけシンプルで手間がないとも言えます。

還元キャンペーンがないことが、大きなデメリットになるわけではありません。

excite MEC光を使っているけど、料金安くてコスパめっちゃいいなコレ!

通信も速くてラグとか発生しないし、オンラインゲームやるならベストかもしれん。

ただキャッシュバックとかないから、ちょっと損した気分になるんだよな・・・

契約時に契約事務手数料と開通手続き料がかかる

一般的な光回線サービスでは、契約時に工事費用以外に事務手続きにかかる費用(「契約事務手数料」)として3,000円必要となることが多いです。

一方、excite MEC光では工事費用以外にかかる契約時の費用として以下がかかります。

MEC光開通手続き料 3,000円
契約事務手数料 1,000円
合計 4,000円

結果、1,000円分多く費用が発生することになります。

初期費用を少しだけ高くすることで、契約期間や最低利用期間をなくしているのでしょう。

そう考えると、1,000円程度の差は必ずしも高いとは言えません。

毎月のネット代をもっと節約したいからexcite MEC光に乗り換えしたけど、なんか初期費用ちょっと高かったなぁ。

前使ってたソフトバンク光は3,000円だったけど、今回は契約事務手数料で1,000円多めにとられました...

契約期間なしで使える分、初期費用が高い感じなのかな~?

設備の設置・取付時に工事費が発生する

excite MEC光は、フレッツ光や他光コラボからの移行でない場合は、以下工事費が発生します。

戸建ての場合 18,000円
集合住宅の場合 15,000円

対して他社光回線サービスの中には、工事費を無料とするキャンペーンを行っていることがあります。
キャンペーンがない点は、excite MEC光のデメリットとは言えます。

とはいえ、繰り返すようにexcite MEC光は月額料金が安いので、工事費無料のキャンペーンがある他社光回線と比べ割高とは言えません。

長い目でみると、月額料金の安いexcite MEC光の方がお得であることも多いです。

2~3ヵ月前からexcite MEC光を使っているけど、月額料金安いし速度も速いから気に入っています。

ただ初契約時は初期費用と工事費で20,000円ぐらいとられるから、そこは注意した方が良いです。

自分は戸建での設置だったため、回線工事だけで18,000円もかかってしまいました・・・

excite MEC光で得られるメリット

昨今では、いろんな光回線サービスが市場に出回っており、どれを選べばよいか分かり辛いというのが正直なところです。

そうして数ある光回線サービスを選ぶときに、気になるのがそのサービスを選ぶメリットですね。

先に言っておくとexcite MEC光は、他と比べてもメリットの多い良心的なサービスと言えます。

ここではexcite MEC光の主なメリットを1つずつ簡単に紹介します。

高速通信【IPv6 IPoE】に対応している

IPv6 IPoEとは、プロバイダ独自の設備を経由することなくNTT東西の光ファイバー設備(NGN網)等へ直接的に接続し、IPv6でインターネットアクセスを実現する方法です。

接続用のユーザー名とパスワードを使って認証を行う従来のPPPoE接続では、混雑するプロバイダ側の設備へ一旦接続する必要があるため、

どうしても通信速度が遅くなってしまうことがありました。

光回線の利用者が急激に増加したことも、プロバイダ設備が混雑し通信速度が遅くなりやすくなっていた原因として指摘されています。

その点、IPv6 IPoEはプロバイダ設備への接続を必要としないため、安定して高速な通信が使えるわけです。

またIPv6とは、インターネットの住所であるIPアドレスが枯渇している従来のIPv4に代わって将来的に利用されるインターネットプロトコルです。

IPoEはIPv6にのみ対応しています。

現時点でIPv6に対応したWebサイトは少ないですが、IPv6 IPoEでは、IPv4で接続しているように振る舞う「IPv4 over IPv6」という技術を採用することで
IPv6未対応のwebサイトも参照できるようになっています。

excite MEC光は追加料金なしでIPv6 IPoEを利用可能。高速通信を実現し、ストレスなくインターネット接続できるのが重要なメリットとなっています。

PPPoEでしか接続できず、ユーザーが遅い通信速度に不満を持っている光回線サービスもまだまだ多く存在するのが実際のところです。

それらサービスからexcite MEC光へ移行すると、通信速度の速さや安定性に驚くことでしょう。

自宅でテレワークを行うことになったため、5月にexcite MEC光を契約しました。

高速通信【IPv6】でサイズの大きいファイルもすぐダウンロードできるので、仕事の際にかなり役立ってます!

趣味のオンラインゲームもラグなしで楽しめるので、ホント契約して良かったです。

契約期間がなく解約金が発生しない

各社の光回線サービスはそれぞれ一定の契約期間(もしくは最低利用期間)が設定されており、

契約期間中に解約すると解約金が発生するのが一般的です。

以下、各光回線サービスの契約期間と解約金の例を紹介します。

サービス名 契約期間 解約金
ドコモ光 2年間 戸建タイプ:13,000円
集合住宅タイプ:8,000円
auひかり 2年間/3年間 ▽戸建てタイプ
3年間:15,000円
2年間:9,500円
▽集合住宅タイプ
2年間:7,000円
ソフトバンク光 2年間/5年間 2年間:9,500円
5年間:15,000円
OCN光 2年間 9,500円

ご覧の通り、解約金は決して安い金額ではありません。サービスを解約するのに、今後使わないサービスに対して解約金は支払いたくないものですね。

これら解約金を発生させないためには、契約期間経過ごとに設定されている契約更新月まで解約を待たなくてはなりません。

たとえば契約期間が2年間であれば、契約更新月は2年ごとに設定されています。

その点、excite MEC光では契約期間や最低利用期間がありません。

いつ解約しても解約金が請求されることがないから、契約期間のあるサービスに比べて気軽に解約しやすいのがメリットです。

利用者の評判を見ても、解約金がないことを高く評価する声が多く見受けられます。


光回線サービスによっては、他にも契約期間・最低利用期間なしで利用できるプランを用意している場合もあります。

しかし、その分だけ月額料金が高くなることから、あえて契約期間・最低利用期間付きのプランを選ぶのが一般的です。

その点、excite MEC光は契約期間・最低利用期間を設定しなくても月額料金を安くすませられる、というのが最も正確な説明となります。

実際、excite MEC光の月額料金が他光回線サービスと比べどのくらい安くなるかは後述します。

2~3年前に大阪へ1年間出張していた時、このexcite MEC光を利用していました。

契約期間のしばりがなく解約金も発生しないので、誰でも気軽に利用できると思います。

私みたいに出張などの理由で一時的に光回線を契約したい人にオススメです。

他社に比べて月額の基本料金が安い

excite MEC光は他の光回線サービスと比べて、月額料金が安いのも魅力的なメリットの1つです。

以下、excite MEC光と他光回線サービスの月額料金を比較します。

光回線サービス名 戸建 集合住宅
excite MEC光 4,500円 3,500円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円
OCN光 5,100円 3,600円
So-net光プラス 5,980円 4,980円
@nifty光 5,200円 3,980円
楽天ひかり 4,800円 3,800円

ご覧の通り、比較した中で最も月額料金が安くなっています。

1ヵ月で数百円程度の差でも、契約が長期間となればその差も大きくなります。

そう考えると、excite MEC光が非常にお得なサービスであることがわかりますね。

実際、利用者の口コミや評判をみても、月額料金の安さでexcite MEC光を選んだという声が多いです。

長年excite MEC光を使っていますが、とにかく料金が安くてとても経済的です。

毎月3,500円でネットを自由に使えるうえ、契約しばりがないので不要になった時はいつでもすぐ解約できます。

私みたいに「他社よりも安い金額でインターネットを楽しみたい」という人は、ぜひ申し込んでみてください!

不要なオプションを契約する必要がない

他社の光回線サービスではお得なキャンペーンを適用させるためには、オプションを追加しなければならなかったりすることがあります。

そうなると、結果的にオプションの料金がかさんでしまい、お得にはなりません。

そのオプションを利用するならよいですが、その利用者にとっては使わないということもしばしばです。

その点excite MEC光は、キャンペーン適用させなくても月額料金が安くてお得です。

さらにオプションの追加が特に必要ない点は、利用者の評判も良いです。

※過去に「パソコンお助けサポート」という有料サポートオプションの契約が必須でしたが、このオプションが最大2ヵ月無料のキャンペーンが実施されていたときまでです。

現在はこのキャンペーンは実施されておらず、パソコンお助けサポートの契約は必須ではありません。

また、このキャンペーン期間中にパソコンお助けサポートを契約しても、無料期間内に簡単な手続きで解約することが可能でした。

無料期間内の解約であれば、料金は発生しません。

excite MEC光を使い続けて半年以上経ちますが、今のところ不満はありません。

毎月3,500円で利用できて、2年契約ではないのでいつでも気軽に契約できます。

いらないオプションを契約する必要もないので、契約後に料金が高くなることもないです。

チャットサポートでいつでも相談可能

インターネット接続サービスのサポートへ電話で問い合わせをして、長い時間待たされた経験を持つ人は少なくないでしょう。

分からないことがあって困っているのに、電話口で長く待つのはストレスがたまるものです。

その点、excite MEC光はオンラインで利用できるチャットサポートを用意しており、電話口で待たされることはありません。

基本的にはオペレーターによる案内でなく自動応答になりますが、多くの質問に対してチャットサポートで解決が可能。

スピーディに答えにたどり着けます。

オペレーターによるサポートと必ずしも同等のサポートが受けられるわけではないとはいえ、待たされるストレスは大幅に軽減できる筈です。

2年前の6月に契約して以来、ずっとexcite MEC光を利用しています。

チャットサポートでいつでも相談・質問できたので、まったくの素人である私でも安心して契約できました。

手頃な料金でインターネットを楽しめるので、今では日常生活にかかせない存在となっています。

月額500円でBB.excite光電話を利用できる

BB.excite光電話とは、全国どこへかけても固定電話宛なら8円/3分、携帯電話宛でもお得な通話料で電話ができる固定電話サービスです。

excite MEC光を契約した場合、BB.excite光電話を月額500円で利用できて非常にお得。自宅の固定電話をよく利用される方にはおすすめできます。

BB.excite光電話の主な通話料は以下の通りです。

【BB.excite光電話/通話料金】

通話先 通話料金
日本国内の通話 8円/3分
※市内・県内市外・県外関わらず同一料金
携帯電話 NTTドコモ 16円/60秒
au 17.5円/60秒
ソフトバンク 17.5円/60秒

【BB.excite光電話/基本プラン】

プラン名 プランに含まれるサービス 月額料金
基本プラン ※付加サービス等は含まれない 500円
BB.excite光電話バリュー ▽480円分の無料通話料金
▽以下の付加サービス
・着信番号表示
・ナンバーリクエスト
・通話中着信サービス
・着信転送サービス
・着信拒否サービス
・着信お知らせメール
1,500円

なおBB.excite光電話を利用する場合は、サービス開始時に工事費(交換機等工事のみの場合は1,000円、訪問が必要な場合は4,500円~)が発生するので注意して下さい。

月額料金の安さとスマホとのセット割プランにひかれ、今年の2月にexcite MEC光を契約。

仕事柄固定電話を利用することが多いため光電話と一緒に契約したのですが、思っていた以上に電話料・ネット料金を節約できました!

光電話の工事に1,000円ほどかかりましたが、それを差し引いても3,000円は出費を抑えられた気がします。

excite MEC光の料金プラン

他社の光回線サービスと比べると、excite MEC光の料金プランは非常にシンプルです。

その分かりやすさも、ユーザーの口コミの評判がよい理由の1つと言えるでしょう。

以下、excite MEC光の料金プランを紹介します。

【基本プラン】

プラン名 月額料金
excite MEC光ファミリー
(戸建て向けプラン)
4,500円
excite MEC光マンション
(集合住宅向けプラン)
3,500円

これが最低限必要となるプランです。

以下、必要に応じて追加するオプションを紹介します。

【レンタルルーターオプション】

機種名 月額料金
MEC光専用ルーター
(Aterm WG1810HP)
100円

ルーターはレンタルせずに自分で購入したものを使うことも可能です。

その際、「DS-Lite」という技術に対応したルーターを選べば、記事の最初に紹介した「IPv6 IPoE」によって高速な通信速度でexcite MEC光を利用できます。

自分で購入するのが面倒な方、レンタル機器のサポートもしてもらいたい方は、このオプションを利用するとよいでしょう。

【その他オプション】

レンタルルーター以外にも、excite MEC光では以下にあげるオプションを利用できます。

必要に応じて選ぶオプションなので、契約しなければいけないわけではありません。

オプション名 概要 月額料金
BB.excite光電話 通話料金がお得な固定電話サービス 500円~
BB.excite光テレビ アンテナ不要で、地デジやBSデジタルが視聴できるようになるサービス 750円
BB.excite光リモートサポート パソコンや周辺機器の操作が分からないときに、365日リモートサポートが受けられるサービス。 500円

excite MEC光の料金プランはほぼこれだけなので、他社光回線サービスと比べるとずっと理解しやすいのではないのでしょうか。

他社光回線では、「たくさん契約時に不要なオプションを追加されて料金が高くなった」なんてトラブルの評判も聞かれますが、excite MEC光では、そんなトラブルは起こりえません。

料金の算出も楽で、後から「思ったより高くて驚いた」なんてこともないので、安心して契約できるサービスとは言えるでしょう。

まとめ

excite MEC光は契約期間による縛りや解約金がなく、月額料金が安いシンプルな光回線サービスです。

シンプルですが、IPv6 IPoEによる高速な通信を利用できます。

IPv6 IPoEなら、プロバイダの混雑する設備を経由することがない分、従来のPPPoE接続のように通信速度が不安定になることもありません。

一方でキャッシュバック等の目立ったキャンペーンがなかったり、初期費用が少しだけ他社より高かったりするといったデメリットはあります。

ただ月額料金が安いことから、キャンペーンがあるサービスと比べて必ずしも割高とは言えません。

むしろキャンペーン条件等でオプション追加が必須の回線業者より、利用者の口コミ評価が高い場合もしばしばです。

面倒なキャンペーン条件に煩わされることなく、シンプルに安くてお得なサービスだからです。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5

送信

     

キャンセル

レビューを書いてみましょう

平均:  

 4 レビュー

byたまやん onexcite MEC光
わずらわしさがない。

まあ、いろんなサイド料金は取られないから、普通に安心できるのかも。

他の業者って、いろんな追加料金取られて、結局高くなるイメージだから。

チャットサポートもいいよね。でも安定してるから、利用したことないけど(笑)

ずっと昔から

ADSL時代からエキサイト使用しているので、そのまま光に乗り換えて今に至ります。
安定しているし、不満はないかなあ。
ただ、スマホキャリアとの割引が全くないのはちょっと痛いです。
まあ、そんなに高くはないからいいんだけれどね(笑)
価格もずっと変わらないし。

byたろう。 onexcite MEC光
マンション対応だったので、契約。

今住んでいるマンションがExciteと契約を結んでいて工事費もかからないので、契約しました。
すごく高速になったのはうれしい!
でも、スマホとの契約割引がないのはちょっと残念かなあ、と。

byさちか onexcite MEC光
安さが魅力

ウチの家族はエキサイト光を利用しています。
以前はフレッツ光を利用していたのですが、マンションから戸建てに引っ越した後に料金がとても高くなってしまったので不満を感じていました。
そんな時にエキサイト光の料金が安いことをインターネットの比較サイトで知り、エキサイト光を利用することになりました。

両者の通信速度についてですが、私はあまりインターネットとかコンピューター関連に詳しいわけではないので通信速度の優劣をつけるのは難しいのですが、普段利用している分にそこまで大きな変化を感じることはありません。
インターネットの口コミで通信速度が遅いとか通信が途切れるとか悪い評判も目にしたのですがそのようなことはありませんでした。
我が家では動画配信サービスをよく利用しているのですが、それも快適に見ることができているので通信に関しては安心していいと思います。

料金に関しては、フレッツ光の時よりも圧倒的に安いです。他社の光回線の料金も契約前に見ましたが、エキサイト光は安いのでおすすめです。
プロバイダー料金も含まれているので料金が分かりやすくていいです。
ただ、問い合わせをする時に電話での問い合わせを受け付けておらず、すぐに問題を解決できないのがデメリットと言えます。

エキサイトMEC 評判
最新情報をチェックしよう!