マンション居住者におすすめの光回線5選!適切な選び方を解説

光回線 マンション おすすめ

「マンションに住んでいるけど、光回線を契約できるかわからない」といった悩みを持った方は多いのではないでしょうか?

結論、マンションに住んでいても光回線を契約することは可能です。

しかしマンションで光回線を利用するためには、まず最初にどの光回線と契約するかを選ばなければなりません。

各光回線ごとの月額料金や初期費用などが異なるため、予算や目的に応じて自分に合った光回線を選ぶことが大切です。

例えば、以下の光回線5社を並べてみても明らかな差が見られます。

光回線 月額料金 工事費特典 スマホセット割
auひかり 3,400円〜5,000円
ドコモ光 3,800円〜4,200円
ソフトバンク光 3,800円
So-net光 2,080円
(2年間)
楽天ひかり 3,800円

ただし、契約できる光回線はマンションタイプによって異なります。

光回線を選ぶ際は、事前にマンションの光回線設備を把握しておく必要があるでしょう。

それでは、マンションでも利用できるおすすめの光回線について詳しく解説していきます。

マンション利用におすすめの光回線

冒頭でも説明しましたが、光回線を契約するにはどこと契約するかが重要になってきます。
この章ではマンションでの利用におすすめな光回線を、料金やキャンペーンを含め詳しく解説していきます。

マンションで利用するのにおすすめな光回線は以下の5社になります。

  • auひかり
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • So-net光プラス
  • 楽天ひかり

auひかり

「auひかり」は、KDDIが提供している独自回線で通信速度の速さに定評があります。

auスマホとのセット割「auスマートバリュー」でスマホ代が最大1,000円割引される特典に加え、

工事費を無料にする割引キャンペーンや、他社からの乗り換えで発生した違約金を還元するキャンペーンも実施しています。

ただしauスマートバリューと工事費無料キャンペーンは、ネット回線に加えて固定電話サービスにも加入するのが条件になっているので注意が必要です。

さらに「ネットと電話」の同時加入+プロバイダに「au one net」を選ぶと通常10,000円、

UR賃貸の方なら20,000円のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンも実施されています。

月額料金については、お住いのマンションタイプによって加入するプランが異なります。

各プランの料金は下記の通りです。

プラン 月額料金
タイプG 3,800円
タイプV 3,800円
都市機構 3,800円
都市機構G 3,800円
タイプE 3,400円
タイプF 3,900円
ギガ 4,050円
ミニギガ 5,000円

プランによって月額料金が異なるため、加入前にお住いのマンションがどのタイプに該当するか確認する必要があるでしょう。

【公式サイト】
https://www.au.com/internet/?bid=we-we-gn-2107

ドコモ光

ドコモ光はNTTドコモが提供する光回線で豊富なキャンペーンとお得な料金が魅力です。

まず新規の申込みで、工事費が無料になるキャンペーンが実施されています。

Webから申込みを行うと、「新規」または「事業者変更で加入の場合」dポイント20,000円分、転用での加入だとdポイント15,000円分がプレゼントされます。

ドコモスマホとのセット割も用意されており、セットでの利用で毎月のスマホ料金が最大1,000円割引されます。

加入するプロバイダを24社の中から好きなものが選べるというのも特徴で、プロバイダごとに加入プランと月額料金が分かれています。

プラン 月額料金
タイプA 4,000円
タイプB 4,200円
単独タイプ 3,800円+プロバイダ料

月額料金を安く抑えたいのであれば、タイプAに該当するプロバイダを選ぶのがおすすめです。

公式サイトから対応プロバイダなどもチェックできるので、加入を検討されている方は確認してみてください。

【公式サイト】
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクが提供する光回線で乗り換えのしやすさに特徴があります。

他社からの乗り換えで新規加入した場合、工事費が全額キャッシュバックされる特典が用意されています。

さらに、他社からの乗り換えで発生した違約金や、撤去工事費を最大10万円まで還元してくれるので少ない負担で乗り換えが可能です。

ソフトバンクスマホとのセット割も用意されており、毎月のスマホ代が最大1,000円割引されるなど、コスト面でお得な特典が盛りだくさんです。

月額料金については下記のようになっています。

月額料金
3,800円

注意点としては、ソフトバンクスマホとのセット割「おうち割光セット」の適用には下記のオプションへの加入が条件となっています。

・光BBユニットレンタル
・Wi-Fiマルチパック
・ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのうちのいずれか

オプション料金だけで月額500円はかかってしまうので、スマホ代の割引額との兼ね合いを検討しなければなりません。

【公式サイト】
https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/

so-net光プラス

So-net光プラスは、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する光回線で、充実した割引特典に魅力があります。

加入して2年間、月額料金が大幅に割引されるサービスを実施しており、工事費についても実質無料になっています。

v6プラス対応無線ルーターの無料レンタルや、auスマホのセット割「auスマートバリュー」でスマホ代を最大1,000円割引することも可能です。
※固定電話サービスの加入が条件

期間限定の割引が実施されているため、月額料金の変化についてはよく確認しておきましょう。

利用期間 月額料金
1〜24ヶ月目 2,080円
25〜48ヶ月目 4,480円
49ヶ月目以降 4,480円

最初の2年間は月額2,080円でどこよりも安い月額料金で使えるのが特徴で、その後は月額4,480円で料金が固定されます。

割引終了後の月額料金も決して高いわけではないため、トータルで考えるとコスト的にはかなりお得な光回線といえるでしょう。

【公式サイト】
https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/collabo/

楽天ひかり

楽天ひかりは、楽天モバイル株式会社が提供する光回線で、ポイント還元やIPv6対応の高速通信に魅力があります。

楽天ひかりに加入しているだけで、楽天市場でのポイント還元が+1.0%されるので、普段楽天グループのサービスをお使いの方にとってメリットがあります。

さらに、混雑時間帯でも安定した高速通信を実現するIPv6にも対応しているため、快適なインターネットを利用できるでしょう。

月額料金については下記の通りです。

月額料金
3,800円

残念ながら、工事費を無料にするキャンペーンはなく、新規加入では2,200円〜16,500円の費用がかかってしまいます。

以前は楽天モバイルとのセット加入で、月額料金が1年間無料になるキャンペーンも実施していていたのですが、魅力的なキャンペーンは既に終了しているので注意が必要です。

【公式サイト】
https://hikari.rakuten.co.jp

マンションが光回線未対応だった場合の対処法

サービスの内容や料金を比較して「これだ!」と思った光回線を見つけたとしても、お住いのマンションが光回線に未対応だとそのまま加入することはできません。

インターネット無料のマンションや光回線未対応のマンションでは、これからご紹介する対策を行うことで、
光回線を導入する環境を整える必要があります。

インターネット無料マンションの場合

マンションでは建物内に無料のインターネットが提供されていることがあります。

無料でネットが利用できる反面、通信速度が遅いケースが多く、使うたびにストレスを感じてしまうでしょう。

こういったケースでも無料インターネットではなく、個別で光回線を契約することで通信速度を改善することができます。

光回線未対応マンションの場合

光回線に対応していないマンションにお住いの場合は、導入工事を行うことで光回線の利用が可能になります。

しかし一部のマンションでは、管理会社によって導入工事が禁止されるケースもあるので注意が必要です。

もし工事が可能なマンションであっても、申し込む際は事前に管理会社に許可を取る必要があります。

確認をとった際、工事ができないようであればモバイルWi-Fiやホームルーターなど、工事不要で利用できるサービスに加入してネット環境の改善を図ってみましょう。

光回線を導入する際の工事内容

光回線導入時に行う工事の内容は、マンションの設備状況によって異なります。

主な作業としては以下のようなものが挙げられます。

  1. 宅外工事:電柱から光ファイバーをマンションに引き込む
  2. 宅内工事:光ファイバーを各部屋に引き込む
  3. 光コンセントと機器を接続

このうち、①②に関してはマンションの設備状況によっては不要になるケースもあります。

工事内容によってかかる費用も変わってくるため、契約前に自宅の設備状況を把握しておきましょう。

では、マンションに光回線を導入する場合の工事内容についてケース別に解説します。

光回線未導入の場合

マンションに光回線設備が導入されていない場合には、最初に光ファイバーを建物に引き込む宅外工事を行って、部屋に光回線を導入する必要があります。

これらの工事には、管理会社や大家の許可を取る必要があるため、工事開始までに時間がかかってしまうでしょう。

工事にかかる日数の目安は1ヶ月〜2ヶ月程度となっていますが、時期によってはそれ以上かかるケースもあります。

もし工事が終了するまで利用できるネット回線がないようであれば、レンタルWi-Fiなどを利用して対応するといいでしょう。

引き込み工事を行う場合、工事費用は15,000〜20,000円が相場となっているので、初期費用を抑えたい方は工事費を無料にしてくれる光回線を選択しましょう。

共有スペースまで光回線が導入されている場合

大半のマンションでは共用スペースに光回線が導入されているため、未導入のマンションよりも簡単な工事で済ませられます。

宅外工事が不要となり、共用スペースから部屋に光ファーバーを引き込む宅内工事のみとなります。

作業内容が少なくなるため、工事にかかる費用としては5,000円〜10,000円程度が相場となっており、工事期間は2〜3週間を目安として考えておきましょう。

部屋まで光回線が導入されている場合

マンションの部屋まで光回線が引き込まれている場合には、宅外工事・宅内工事が共に不要で利用が開始できます。

契約後行うのはルーターなどの機器を光コンセントに接続し、初期設定を行うのみです。

工事が不要なので費用もかかりませんし、契約後すぐに利用開始できます。

悪質な回線業者からの電話に注意

現在取引している光回線業者よりも料金が安くなるなどと電話がかかってくることがあります。

誤って悪質な業者と契約してしまった場合、通常の回線使用料に加え、不要なオプションが付いて高額な料金を請求されてしまう可能性があります。

以下、総務省より抜粋

NTT東西が光コラボレーションモデル(光回線サービスの卸売)を開始し、「転用」という簡易な手続により、NTT東西からのサービス乗換えが可能となっています。
多くの事業者が「卸売」を利用したサービスを提供する一方、不適切な電話勧誘等により、契約を巡るトラブルが発生しています。

出典:光コラボレーションモデル 不適切な電話勧誘にご注意

光回線を比較したい方はこちらをご覧ください。

【2020年10月】お得なおすすめ光回線13社の料金・速度を比較

おすすめ光回線を診断!

「住居タイプ」「重要ポイント」「お使いの携帯会社」などをご入力の上、「診断する」ボタンを押してください。

お住いの住居タイプ
重要ポイント
お使いの携帯会社

おすすめ光回線診断結果

こちらの消費者金融からお借り入れ可能だと思われます。

上記ボタンから今すぐアクセス!!

まとめ

マンションで利用できるおすすめの光回線と契約手順について解説しました。

光回線をマンションで利用する場合、自由に加入できるサービスが選べるわけではないため注意が必要です。

申し込む前にマンションの設備状況や管理会社への確認など、必要な手順を済ませておきましょう。

それらを行った後、対応している光回線をリストアップしてサービス内容や料金などを比較して自分に合う光回線を選んでみてください。

光回線 マンション おすすめ
最新情報をチェックしよう!