料金が一番安い光回線の選び方!価格重視で比較

光回線 安い

手頃な料金で利用できる光回線を契約するには、各光回線の月額料金を比較することが大切です。

月額料金をよく確認しないまま契約してしまうと、高額な料金を請求されてしまう可能性があります。

また最も費用が安い光料金を見つけるには、いくつかのポイントを重視することも大事です。

この記事ではおすすめの光回線、安い光回線を選ぶ時のポイントなどについて紹介します。

月額料金が安い光回線5社

インターネットが普及した現在では、いろいろな会社が光回線を提供しています。その中でも月額料金が安いといわれている光回線は、以下の5社です。

ドコモ光

ドコモ光はフレッツ光のインターネット回線をそのまま利用するので、フレッツ光を契約していた方でも速度は変わらずに利用できます。

またプロバイダ料金がセットになっているのが特長です。

ドコモ光を新規契約する場合、工事費用が発生します。またお住まいの住宅タイプによって工事費用が異なります。以下にて月額料金と初期費用をまとめました。

マンション 戸建て
月額料金 タイプA 4,000円 5,200円
タイプB 4,200円 5,400円
工事費用 ~15,000円 ~18,000円
契約事務手数料 3,000円

プロバイダによって、タイプA.Bどちらかに振り分けられます。

またお申込みされる方の設備や申し込み状況によって工事費は異なります。

現在は工事費無料キャンペーンを実施している上に、dポイントプレゼントキャンペーンも行っています。

さらにドコモユーザーならドコモ光とセットにすることでスマホの料金が永年割引されるセット割があります。以下にてセット割料金をまとめました。

料金プラン 光セット割 スマホ月額料金
ギガホ −1,000円 5,980円~
ギガライト ~7GB −1,000円 4,980円~
~5GB −1,000円 3,980円~
~3GB −500円 3,480円~
~1GB 2,980円~

ソフトバンク光

ソフトバンク光はドコモ光のセット割同様、ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーのスマホ料金が割引される「おうち割光セット」がございます。

ソフトバンク光の初期費用や月額料金を以下にてまとめました。

ソフトバンク光 工事費一覧
・派遣工事あり

・宅内の配線設備を新設または一部ご利用しルート変更する場合

・ひかり配線方式(光コンセントなし)の場合

・VDSL方式の場合

24,000円
・派遣工事あり

・宅内の配線設備を再利用する場合

・ひかり配線方式(光コンセントあり)の場合

・LAN配線方式の場合

9,600円
派遣工事なし 2,000円
土日祝日工事費 3,000円
契約事務手数料 3,000円
マンション 戸建て
月額料金 3,800円~ 5,200円~

キャンペーン内容は、お申込みされるサイトやショップ等で異なりますが、ソフトバンク公式のキャンペーンでは、最大24,000円キャッシュバック(または1000円×24ヵ月割引)を受けられます。

さらに、他社からソフトバンク光に乗り換えることで、発生する違約金や撤去工事費を満額還元してくれるキャンペーンも併用できます。

しかしソフトバンク光はソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザー以外はメリットがなく、光とスマホをセットにすることで永年割引を受けられる「おうち割光セット」がお得です。

おうち割ひかりセット

スマホ回線 1回線 月々−1,000円
2回線 合計月々−2,000円
3回線 合計月々−3,000円

その他にも「一人でも家族でもネットがおとくキャンペーン」で割引特典があります。

対象サービス おうち割光セット
適用回線数
特典内容
ソフトバンク光 1回線 −1,000円×12ヵ月
2回線以上 −1,300円×12ヵ月

また他社スマホからソフトバンクに乗り換える際に違約金が発生した場合、950円×10ヵ月を通信料金から還元してくれる「おうち割光セットスタートキャンペーン」を行っています。

auひかり

auひかりの特長はauユーザーなら月々のスマホ料金が割引される「auスマートバリュー」が適用されるところです。

auひかりの料金体系は少し複雑にできており、マンションタイプでは建設設備により金額が異なるため事前に確認しておくことをおすすめします。

戸建タイプ

1年目 2年目 3年目以降
ずっとギガ得プラン
3年単位(自動更新)
5,100円 5,000円 4,900円
ギガ得プラン
2年単位(自動更新)
5,200円
標準プラン
契約期間無し
6,300円

金額は全てネットのみ契約した場合の料金です。

提供タイプ 月額料金
マンション タイプG
(ネット+電話利用の場合)
2年契約 4,300円
契約期間なし 5,400円
マンション タイプV 16契約以上 3,800円
8契約以上 4,100円
マンション 都市機構 東日本/西日本DX 3,800円
マンション 都市機構G
(DX-Gでネット+電話利用の場合)
2年契約 4,300円
契約期間なし 5,400円
マンション タイプE 3,400円
マンション タイプF 3,900円
マンション ギガ 4,050円
マンション ミニギガ 5,000円

以上のように、お住まいのマンションによってプランや料金が異なるため、申し込む前に確認しておきましょう。

初期費用

工事費用 戸建て 37,500円
マンション 30,000円
新規登録料 3,000円

工事費用に関しては、申込む窓口によって実質無料キャンペーンを受けられます。工事費用を分割で支払い、同等の金額を月額料金から割り引いてくれます。

  • 戸建て:37,500円=625円×60回
  • マンション:30,000円=1,250円×24回

キャンペーンについては申込みをする窓口によって大きく差があるため、事前に確認しておきましょう。

auひかりの魅力は、auユーザーのスマホ料金が安くなる「スマートバリュー」です。
ネット+電話を利用することで適用されます。

ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
(新auピタットプランN)
1GBまで 割引対象外
1GB~7GB −500円
データMAX 5G
データMAX 4G LTE
−1,000円
auピタットプランN 2GBまで −500円
2GB~20GBまで −1,000円

NURO光

NURO光は通信速度が速く、かつ料金が安いところが人気を集めております。

一般的な光回線は下り最大速度1Gbpsがほとんどの中、NURO光はG2Vプランで下り最大速度2Gbpsという速さでインターネット通信を行うことが可能です。

また一般的な光回線は戸建てプランの場合月額5,000円~が多い中、NURO光の月額料金は4,743円で利用できるところが魅力の一つです。

初期費用で気になる工事費用に関しては、40,000円かかるところ今なら実質無料キャンペーンを行っている他に、1年間月額980円でスタートできるキャンペーンがあります。
以下でまとめてみました。

開通月 2~12ヵ月目 13~31ヵ月目
月額基本料金 4,743円(最大) 4,743円 4,743円
基本工事費/割賦 0円 1,333円
特典割引金額 −3,763円(最大) −3,763円 −1,334円
お支払金額 980円(最大) 980円 4,742円

他にも特典があり、最大5台までインストールができる総合ウイルス対策ソフト「カスペルスキー」が無料でついてきます。

NURO光を検討しているという方に注意してもらいたいのは、宅内工事と屋外工事が別々であるため、インターネットが開通するのに1ヵ月~2ヵ月ほどかかる場合があります。

また、プロバイダが「So-net」と限定されるため、今まで利用していたプロバイダの解約、およびメールアドレスの利用ができなくなります。(今までのプロバイダでメールアドレスのみ契約することは可能)

So-net光プラス

So-net光プラスはドコモ光やソフトバンク光と同様、フレッツ光回線を利用しているので提供エリアも広く利用できます。

申し込み特典としてv6プラスのWi-Fiルーターが永年無料で利用できる他、総合セキュリティソフト「S-SAFE」が無料で利用できます。さらに訪問サポートが無料です。

また月額料金がマンションの場合ですと2年間月額2,080円で利用でき、他社光回線と比べて安いのがSo-net光プラスの魅力です。

So-net光プラスの月額料金の内訳をまとめました。

1ヵ月目~ 25ヵ月目~
マンション 2,080円 4,480円
戸建て 3,080円 5,580円

※工事費用含む

工事費用は戸建て・マンション共に24,000円となり、支払い回数は戸建て60回払い、マンション48回払いとなります。

期間限定で工事費実質無料キャンペーンが行われております。

マンション 24,000円
500円/月×48回
戸建て 24,000円
400円/月×60回
土日祝日工事費 3,000円
契約事務手数料 3,000円

さらにauスマホユーザーに嬉しい特典として、ネット・電話申し込みで「スマートバリュー」が適用され月額最大1,000円の割引を受けることが可能です。

安い光回線を選ぶコツ

光回線の選び方を間違えてしまうと、回線の月額料金や維持費はその分増えてしまいます。

なるべく安い金額で光回線を利用するには、以下のポイントをおさえることが重要です。

  • スマホとのセット割はいくらか?
  • キャッシュバック特典はあるか?
  • いちばんお得な申込み窓口は?

他のサービスとの併用を検討してみる

一部の光回線はスマホとセットで申し込むことで、月額料金を割引できるサービスなどを提供しています。

こうしたサービスを利用すれば、回線やスマホの料金をもっと節約することが可能です。以下にまとめました。

光回線 セット割対象スマホ 割引金額
ドコモ光 ドコモ −1,000円(最大)
ソフトバンク光 ソフトバンク
NURO光
auひかり au
So-net光

最大割引金額は同じですが、自分のスマホが何のプランになっているのかにより割引金額が異なります。

またセット割が適用される条件は事前に電話会社側に確認しておきましょう。

特典・キャッシュバックの内容だけで回線を選ばない

キャッシュバックキャンペーンを利用すると、支払ったお金の一部を取り戻すことが可能です。

しかし契約内容によっては不要なオプションがつくことで、月額料金が高くなってしまうかもしれません。そのため光回線を選ぶ時は、契約前に以下の4つをきちんと確認することが大切です。

  • キャッシュバックの金額
  • 契約期間
  • 利用条件
  • キャッシュバックが受け取れる時期

光回線を乗り換える場合は違約金に注意

すでに契約している光回線から別の光回線へ乗り換える際は、違約金が発生することがあります。

乗り換え時に違約金を支払う必要がある場合は、キャンペーンなどをうまく活用して支払いを乗り切りましょう。各光回線のキャンペーンを以下にまとめました。

光回線 工事費 キャッシュバック【公式】
ドコモ光 無料 dポイント10,000円分還元
ソフトバンク光 実質無料 最大24,000円還元
auひかり 最大30,000円還元
NURO光 1年間月額980円
So-net光 2年間
戸建て:月額3,080円
マンション:月額2,080円

各光回線によって条件が異なりますので、必ず確認をしてから申込むことをおすすめします。

安い光回線を選ぶ時の注意点

光回線を選ぶ時は、月額料金の額にのみ目を向けてしまいがちです。しかし光回線の費用を安く抑えるには、以下の点にも注意しなければいけません。

回線使用料・初期費用を考慮する

自宅に光回線を導入する際は、回線使用料や工事費用などが別途発生します。

契約前にこれらの費用を確認しておかないと、出費が増えてしまう可能性が高いです。

以下に工事費用をまとめました。

光回線 工事費用
ドコモ光 マンション ~15,000円
戸建て ~18,000円
ソフトバンク光 派遣工事あり ~24,000円
派遣工事なし 0円~2,000円
auひかり マンション 30,000円
戸建て 37,500円
NURO光 マンション/戸建て 40,000円
So-net光 マンション/戸建て 24,000円

まとめ

光回線を選ぶ上で重要なポイントは、「月額料金」「キャッシュバックなどの特典」「通信速度」「現在のスマホとのセット割」です。

様々な情報が飛び交う中ではありますが、長く付き合っていくネット環境ですのでしっかりとリサーチをしてから冷静に選ぶようにしましょう。

料金が安いと情報の漏洩リスクがあるのでは?と考えてしまう方もおられるでしょう。

しかし正規の通信事業者は必ず総務大臣の登録を受けている為、以下の通り知り得た秘密は守らなければなりません。

電気通信事業法

第四条 電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密は、侵してはならない。

2 電気通信事業に従事する者は、在職中電気通信事業者の取扱中に係る通信に関して知り得た他人の秘密を守らなければならない。その職を退いた後においても、同様とする。(電気通信事業に関する条約)

出典:電子政府の総合窓口 電気通信事業法

光回線 安い
最新情報をチェックしよう!