回線にまつわる契約トラブル!漫画で解説する回線契約の注意事項

普段何気なく利用しているインターネットや携帯電話ですが、利用明細や契約書を見返した際に「あれ?こんな契約したかな?」と感じることはありませんか?

大きな金額ではなくても、何年も利用すれば数万円単位で損をしてしまうケースも珍しくありません。

また契約に関するトラブルに巻き込まれない為の紹介を、マンガ形式でお届けしていきます。

このマンガを見て、思い当たる節があれば一度自分の契約内容を見直してみるといいでしょう。

ショッピングモールなどに出店している回線販売ブースに注意

 

イオンなどの大型ショッピングモールで光回線やウォーターサーバーなど、出張販売員を見かけることはありませんか?

多くのお客様でにぎわうモール内でイベントブースとして出店しているため、興味をそそられる気持ちもわかります。

しかしこのような作業員には十分注意をしましょう。

このようなブースで契約する場合、多くのかたは購入する準備をしていません。

購入準備をしていないで契約すると、不必要なオプションを付けてしまうことや、プラン内容をよく聞かずに契約してしまう可能性があります。

ましてや子供がいて目が離せない状況下で契約・購入するものにろくな判断はないでしょう。

良心的な販売員だからといって言うことを鵜呑みにせずに、一度資料を持ち帰って検討するとよいでしょう。

悪徳なセールスマンに気をつけろ!

すごく大げさに見えるかもしれませんが、悪質な販売員やセールスマンは存在します。

言葉巧みに耳障りのいい情報をスラスラと言ってくるセールスマンや、難しい言葉を並べて契約しなければいけない雰囲気を出してくるセールスマンもいます。

キャンペーン部分を誇張して伝え、実は多くのオプションに加入しなければ特典を受けれない場合もあります。

実際に光回線の乗り換え案内をテレフォンアポイントでしていた方の話を伺ったことがありますが、マニュアル化された分厚い資料を片手に何件も電話をかけていきます。

その中で興味を持った方に必要以上に早口で相手を混乱させて、相手がよくわからずに契約させてしまうといった手法をとっていたそうです。

法律には抵触しない範囲で勧めてくるケースが多く、なかなか相談にのってもらうのも難しいですが、誤って契約してしまったという場合は以下の窓口に相談してみるとよいでしょう。

総務省:電気通信消費者センター

新しいスマホの契約はワクワクする

待ちに待った新しいスマホを手に入れる瞬間は誰でもワクワクしてしまいませんか?

携帯ショップに行って新しい情報に触れるとさらにワクワクして、自分が最先端をいっている感覚に陥ってしまうものです。

スマホ1台10万円する時代ですのでけっして安い買い物ではありません。大きな買い物をする際は小さいことはあまり気にしなくなってしまいます。

しかしそんなときこそ気を付けなければなりません。

ショップの店員さんも、ユーザーがワクワクしていることは知っているのです。

大きな買い物の陰に、オプションという小さな買い物を紛れ込ませてきます。

半年間全く使わない機能で毎月数百円から数千円を、携帯代と一緒に口座から引き落とされてしまっていたということになりかねません。

そうならないためにも、新機種にワクワクしている状況でも冷静に判断できるよう、事前に料金プランの内容など確認しておくなどしておきましょう。

格安スマホの修理期間が長い

最近何かと話題の格安スマホ。実際に利用料金も安く、利用されている方もいるのではないでしょうか。

しかし、そのお得さには思わぬ落とし穴もあります。

格安スマホは大手携帯会社とは違い、店舗が実際にないケースが多いため、どうしてもアフターサービスが十分ではない場合もあります。

現代はスマホがないと生活に様々な支障がおき、生活のうえで必須アイテムの一つになっています。

とりわけ、ビジネスシーンや人間関係を築くのにかかせないツールであります。

修理中の代用機サービスが無い場合、新たなスマホ購入を選択せざるを得ない人も多いのではないでしょうか。

格安スマホを契約する時は、事前にアフターサービスの内容を確認してから乗り換えるほうがいいでしょう。

回線の契約で困っている人
最新情報をチェックしよう!