【モデムとルーター】今さら聞けない2つの違いとつなぎ方

モデム ルーター

インターネットを使用する際、様々な機器を利用しませんか?

そのなかでもルーターやモデムは似た形状の機器です。

初めてインターネットに接続する際、困惑される方も少なくないでしょう。

しかし、モデムとルーターでは大きく役割が異なり、間違えた接続方法をするとインターネットに接続できない可能性がありますので注意しましょう。

当記事では、モデムとルーターの違いについて解説していきますので、インターネットの利用に役立てて下さい。

モデムとルーターの違い

2つともインターネットには欠かせない装置ですが、両者には明確な違いがあります。

それぞれの違いを、大まかに説明すると

  • モデムの役割:自宅に入ってきた信号を、所有のパソコンに受診できるように変換する装置
  • ルーターの役割;複数の端末で信号を拾えるようにする拡張機器

下記から、詳細を見ていきましょう。

モデムは「信号を変換するための装置」

モデムとは、デジタル信号とアナログ信号を相互に変換できる装置のことです。

電話回線でインターネット接続するADSLは、データの通信にアナログ信号を用います。

しかし、パソコンはデジタル信号しか処理できません。

パソコンからインターネット上にデータを送信するには「デジタル信号からアナログ信号」、電話回線を通じて受信したデータは「アナログ信号からデジタル信号」へと変換する必要があるのです。

つまり、ADSLでインターネット接続するときはモデムが欠かせません。

ほかには、CATV用のモデムもあります。

テレビ放送用のアナログ信号を、デジタル信号に相互変換することが可能です。

光回線に用いられるのは光回線終端装置(ONU)

光回線でのインターネット接続に用いられる装置は、ONUと呼ばれます。

「Optical Network Unit」の略で、光ファイバーから送信されてきた光信号をデジタル信号に相互変換する役割があります。

モデムとは違うので、ADSLやCATVのようなアナログ信号の処理はできません。

光回線のデータ通信に用いられる光信号も、そのままの状態ではパソコンをインターネットに接続することはできないのです。

光信号をONUでデジタル信号に変換することで、インターネットに接続できるようになります。

ONUは回線業者からレンタルされるケースが多く、レンタル料は回線業者によって無料です。

モデムとONUは役割こそ似ているものの、両者は異なる装置です。

ルーターは「複数の端末をネットに接続するための装置」

一方のルーターは、複数の端末を同時にネット接続するための装置です。

そもそもモデムやONU単体では、1台の端末しかネットに接続ができません。

つまり、パソコンをネット接続している間はテレビやゲーム機も一緒に接続させることはできないのです。

ルーターがあると、パソコンだけでなくテレビもゲーム機もネット接続できるようになります。

もともとルーターには「データ転送に最適なルートをみつける機能(ルート選択機能)」が備わっているため、「道を示すもの(ルーター)」と名づけられました。

ちなみに、ルーターとモデムはよく似たデザインをしているのですが、大きく2つの種類があります。

次では、「有線」と「無線」2つのルーターの特徴をみていきましょう。

有線LANルーターのメリット

単に「ルーター」といえば、ほとんどが有線ルーターを指します。

ルーターと端末は、「LANケーブル」で接続することが特徴です。

無線ルーターと比べた有線ルーターのメリットは以下となります。

【メリット】

  • 通信が安定していて速い
  • セキュリティが優れている
  • ルーターやケーブルが安価

    下記から、順番にみていきましょう。

    通信が安定していて速い

    有線LANは、障害物や周囲のノイズの影響を受けにくいからです。

    一方の無線LANは電波同士の干渉や障害物の影響を受けやすく、有線LANほど通信は安定しません。

    たとえば、WEB会議やオンライン授業でZOOMやSkypeを無線LANで使うと、電波の状況が悪いと固まったり切断されたりすることもあります。

    • 大容量データを送受信する
    • オンライン会議ツールやストリーミング配信の利用

    上記のようなケースでは、有線接続の方がスムーズに利用できます。

    古い規格のLANケーブルには注意が必要

    何年も前のLANケーブルを使用している場合は、速度を十分に引き出せていない可能性があるからです。

    注意が必要なのは、「カテゴリー5(CAT5)」よりも古い規格のものです。

    カテゴリーは、どの通信速度に対応しているか見分けるためにクラスで分類されています。

    数字が大きくなるほど規格が新しく、速い通信速度に対応しています。

    以下は、カテゴリーの一覧です。

    通信速度 伝送帯域
    カテゴリー5 100Mbps 100MHz
    カテゴリー5e 1Gbps 100MHz
    カテゴリー6 1Gbps 250MHz
    カテゴリー7 10Gbps 600MHz

    たとえば、「1Gbps」の光回線を契約していてもカテゴリー5のLANケーブルを使用していれば、100Mbpsしか発揮できないのです。

    LANケーブルの規格は購入時の箱や説明書で確認できますが、紛失している場合はケーブルに印字されたものでも確認できます。

    カテゴリーが印字されていない場合は、印字された文字をGoogle検索することで規格を知ることが可能です。

    カテゴリー5以前のLANケーブルなら、買い替えをおすすめします。

    セキュリティが優れている

    有線LANは、直接LANケーブルで接続する必要があるからです。

    不正アクセスを試みる場合は、自宅に直接侵入して有線ルーターにLANケーブルを接続しなければなりません。

    会社に導入された有線LANなら、LANケーブルを1本抜き差ししたり差し間違えたりしただけでトラブルになってしまうこともあります。

    しかも、防犯カメラや警備員といったオフィス自体のセキュリティもあるため、不正アクセスして情報を抜き取るのは困難です。

    • 自宅のネットではパソコンしか使わない
    • セキュリティ対策が面倒

    上記に該当するなら、有線ルーターの利用をおすすめします。

    ルーターやケーブルが安価

    無線ルーターは有線接続も可能ですが、有線ルーターは有線接続にしか対応していないからです。

    有線ルーターは1,000円台から販売されているのに対して、無線ルーターは3,000円台からの販売です。

    LANケーブルは新しい規格のものでも、100円均一でも販売されています。

    • 周辺機器にお金をかけたくない
    • 無線接続は使う予定がない

    以上に該当する場合は、有線ルーターでも問題ないでしょう。

    有線LANルーターのデメリット

    有線ルーターのメリットを上記にて解説しましたが、ではデメリットはどのようなものがあるでしょうか。

    有線ルーターは安価で購入できて、通信も安定しているますが以下のようなデメリットも存在します。

    • スマホやタブレットには接続できない
    • LANケーブルが邪魔になる

    有線ならではのデメリットといえますが、次の章で解説していきます。

    スマホやタブレットには接続できない

    スマホやタブレットには、LANポートがないため有線接続できません。

    厳密にいえば有線接続もできますが、ルーターとスマホ/タブレットだけでは不可能です。

    LANポートが搭載されたノートパソコンをアクセスポイントにしたり、専用のアダプタでスマホのUSB端子を接続したりする方法もあります。

    しかし、「パソコンにアクセスポイント機能が備わっていない」「アダプタが有線接続したいスマホのOSに対応していない」といった場合もあるのです。

    一方の無線LANルーターなら、周辺機器なしでも簡単にネットに接続できます。

    LANケーブルが邪魔になる

    有線ルーターはLANケーブルがないと、ネットに接続できないからです。

    LANケーブルは短いと利用範囲が限られてしまうため、長いものを選ぶ傾向にあります。

    しかし、長さがあるとケーブル同士が絡まったり足に引っかかったりして邪魔になってしまいます。

    壁や天井の見えない場所にLANケーブルを配線しない限り、この問題は解消できません。

    自分で施工できるなら問題ないですが、できなければLAN工事の専門業者などに依頼することになります。

    余計な手間やコストをかけたくないなら、無線LANにした方が無難です。

    無線LANルーター(Wi-Fiルーター)のメリット

    一方の無線LANルーターは、LANケーブルを使わずに端末をネット接続するための機器です。

    無線LANは無線通信を行うネットワーク全般のことで、世界的な標準規格として「IEEE802.11」があります。

    「Wi-Fi」は、「IEEE802.11」の規格を使用する無線LANの一種です。

    無線LANルーターのメリットを、以下にまとめました。

    【メリット】

    • 複数の端末を同時に接続できる
    • どの部屋に居てもネットを楽しめる

    【デメリット】

    • セキュリティが弱い
    • 置き場所に注意する必要がある

    下記から、詳しくみていきましょう。

    複数の端末を同時に接続できる

    無線ルーターは電波による通信のため、多くの端末と同時に接続ができます。

    最大接続台数は機器の性能に左右されますが、一般的には10台前後、最新機種なら30台というものも存在します。

    一方、有線ルーターで何台もの端末を同時接続する場合は、端末の数だけLANポートが必要です。

    通常は4ポートしかないため、「スイッチングハブ」でポート数を増やす必要があります。

    ポート数が増えるということは、LANケーブルも増えてしまいます。

    複数の端末の利用が前提なら、無線ルーターを選びましょう。

    どの部屋にいてもネットを楽しめる

    無線ルーターを使えば、LANケーブルを使わずにネット接続ができるからです。

    電波が届く範囲内であれば、トイレやお風呂でもスマホやパソコンを使うことが可能です。

    一方の有線LANはLANケーブルが必須なので、モデムから離れた場所でネットを楽しむことは困難です。

    無理に使おうとすると、トイレやお風呂のドアが閉められなくなったり、場所によっては壁に穴を開けたりする必要もあるでしょう。

    ただし、電波の届かない場所があるなら置き場所を変えたり、中継器を置いたりするなどの工夫が必要です。

    どの部屋にいてもネットを使いたいなら、無線ルーターをおすすめします。

    無線ルーター(Wi-Fi)のデメリット

    無線ルーターで接続する場合、手軽な接続方法でかつ利便性も高いため、非常に人気があります。

    しかし無線ルーターにもデメリットは存在しますので、以下で解説していきます。

    • 置き場所に注意する必要がある
    • セキュリティが弱い

    置き場所に注意する必要がある

    Wi-Fiルーターを設置する場合、置き場所には注意しましょう。

    本来無線ルーターは広範囲に電波を届けることが可能ですが、遮蔽物や他の電波と接触することで、回線速度や電波範囲が落ちてしまいます。

    金属ラックや電子レンジの近く、水回りといった電波を遮ってしまう場所には置かないようにするとよいでしょう。

    さらにWi-Fi電波は放射状に飛んでいる為、家の中心やよく利用する部屋に置くとムラなく電波を届けることが可能です。

    もしも家のWi-Fi電波が届いてないなと感じる場合は、見直してみるとよいかもしれません。

    セキュリティが弱い

    無線LANは、電波さえ拾えればネット接続が可能だからです。

    電波が届く10~15mの範囲内に端末があれば、不正アクセスできます。

    「00000」や「123456」のようにパスワードを簡単なもので済ませていると、部外者は簡単にセキュリティを破ってしまいます。

    会社のような組織でネットワーク全体が乗っ取られると、大きな損害を被ってしまいます。

    個人では、カード情報やアカウント情報といった大切な情報が漏えいする恐れもあるのです。

    つまり、無線LANを利用するときは有線LAN以上のセキュリティ対策が求められます。

    では、どのようにモデムとルーターを接続するのか、その方法を次でご紹介します。

    モデム(ONU)とルーターの接続方法

    接続前には、以下の点を確認しておいてください。

    • モデム:モジュラーケーブルが接続されているか
    • ONU:光ケーブルが接続されているか

    問題なければ、ルーターと接続していきます。

    モデムとルーターの接続手順

    以下は、モデムと有線ルーターを接続するための手順です。

    1. モデム(ONU)の電源を切る
    2. ルーターと接続したいPCの電源も切る
    3. モデム(ONU)とPCを接続したLANケーブルを抜く
    4. モデム(ONU)の電源を入れて、2~3分ほど待つ
    5. モデム(ONU)とルーターをLANケーブルで接続する
    6. ルーターの機能を設定する
    7. ルーターの電源を入れる
    8. PCの電源を入れる

    モデムとルーター 接続

    契約中の回線によっては、モデム(ONU)の電源を30分ほど切っておかないと、ルーターを経由したインターネット接続ができない場合もあります。

    電源を切る際は、本体の電源ではなくコンセントを抜いてください。

    補足:ルーター機能の設定

    ひと括りにルーターといっても、メーカーや製造時期で機能が異なります。

    「AUTO/MANUALスイッチ」を搭載したルーターもあれば、「MODEボタン」が備わっているものもあります。

    「AUTO/MANUALスイッチ」搭載のルーターなら、「AUTO」にしておいてください。

    AUTOなら、モデム(ONU)側のルーター機能の有無を判別して、ルーター側のルーター機能のON/OFFを自動で切り替えてくれるからです。

    「MODEボタン」搭載のルーターの場合は、モデム(ONU)側のルーター機能の有無によって手動でルーター側のモードを切り替える必要があります。

    • モデムにルーター機能がある:「APモード」に設定
    • モデムにルーター機能がない:「RTモード」に設定

    ※ルーター機能の有無がわからない場合はRTモードに設定する

    以上の手順で、モデムとルーターを接続することができます。

    まとめ

    モデムとルーターはデザインこそ似ていますが、両者の役割はまったく異なります。

    ひと括りに「モデム」や「ルーター」といっても、種類は豊富です。

    自身の部屋の環境や使用用途に合ったものを選ぶことで、予算をおさえつつ快適にインターネットを楽しむことが可能です。

    そのためには、ある程度はモデムやルーターの性能を理解しておくことが大切です。

    モデム ルーター
    最新情報をチェックしよう!