Mugen WiFiの評判・口コミ!契約前に確認するべきメリット・デメリット

無限Wi-Fi 評判

Mugen WiFiは2020年9月に新プランで復活した、クラウドSIMによるポケットWi-Fiサービスです

月額3,150円という低価格で、毎月100GBものデータ通信が使えるサービスとして注目を集めています。

一方で初めてポケットWi-Fiを使う方は、「どのようにポケットWi-Fiサービスを選べばよいか」迷うのではないでしょうか。

この記事では、Mugen WiFiのメリット・デメリット、契約時の注意点などについて解説しています。

【Mugen WiFi概要】

通信方式 ・クラウドSIM利用
・ソフトバンク/ドコモ/auの3キャリア利用可能
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
月間データ通信量 100GB
料金プラン ▽MUGEN格安プラン
月額:3.150円▽MUGENアドバンスプラン
月額:3,880円
※MUGEN格安プランに翻訳機能+充電器機能を追加
契約期間 2年間

Mugen WiFiのプラン内容・メリット

Mugen WiFiで新しく登場したMUGEN格安プランは非常にシンプルで分かりやすくなっています。

このプランの主な内容・メリットは以下の通りです。

  • 毎月100GBのデータ通信量を最安料金で使える
  • 30日お試し全額返金キャンペーンを利用できる
  • 国内・海外どちらでも利用可能
  • ポケットWiFiの端末代金・送料が無料
  • 他ポケットWi-Fiと比べて解約金が安い

以下、1つずつ解説しますね。

毎月100GBが最安料金で使える

Mugen WiFiは毎月100GBのデータ通信量を使えるポケットWiFiのなかでも、月額料金が安く設定されています

そのためMugen WiFiは、なるべく安い料金でポケットWiFiを使いたいという方にはおすすめです

実際、同じく月間データ通信量が100GBの他ポケットWi-Fiと比べて、Mugen WiFiがどのくらい安いか比較してみましょう。

【月間データ通信量100GB利用可能なポケットWiFiの月額料金比較】

サービス名 月額料金
Mugen WiFi 3,140円
どこよりもWIFI 3,180円
ギガWi-Fi 3,250円
ポケットモバイル 3,250円
それがだいじWi-Fi 3,250円
ZEUS WiFi 3,480円
NOMAD SIM 3,600円
w/WiFi
(ルータープラン)
3,777円
FUJI WiFi
(お得デポコース)
3,900円

ご覧の通り、各社安い料金を設定していますが最も安価なのはMugen WiFiです。

この表の中で最も高いFUJI WiFiと比べると、同じ月間データ通信量100GBで月額760円も差があります。

30日お試し全額返金キャンペーンが利用できる

Mugen WiFiでは「30日お試し全額返金キャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンを使うと、契約から30日までの利用で通信速度に不満を感じた等の場合、解約時に手数料・利用料金を返金してもらえます。

ポケットWi-Fiは、使ってみないと通信速度や使い勝手が分かりませんから、こういった保証があるのは助かりますね。

お金が無駄になってしまうのを不安視することなく、安心してサービスを申し込めます。

なお、このキャンペーンで返金してもらうためには、主に以下の注意点があるので気を付けてください

  • Mugen WiFiの利用が初めてであること
  • 消費したデータ通信量が50GB未満であること(50GB以上の利用をして解約する場合は、9,000円の解約費用が発生する)
  • 端末返却にかかる送料は、申込者が負担する
  • 返却処理手数料1,000円は別途発生
  • 箱の破損・汚損・説明書欠品等がある場合は、20,000円の追加費用が発生
  • 海外で利用した場合は、日次の料金が発生

※その他にもいくつか細かい注意点があります。

詳細は公式サイトで確認してください。

国内・海外どちらでも利用可能

MUGEN WiFiは、モバイルWi-Fiルーターに簡単な設定をするだけで海外でもインターネット接続ができます

利用にあたって追加の申し込みをする必要はありません

利用料は他社よりも安価で、海外でも手ごろな価格でインターネット接続できます。

海外で利用する場合の料金は以下の通りです。

利用地域 アジア/ヨーロッパ/アメリカ/オーストラリア 中東/アフリカ/南米
料金 1,200円/日 1,600円/日
データ通信量 1GB/日

以下、参考までに接続可能な国・地域の例を紹介しますね。

アジア
(全21地域)
中国・香港・韓国・台湾・ベトナム・タイ等
オセアニア
(全5地域)
オーストラリア・フィジー・グアム・ニュージーランド・北マリアナ諸島
ヨーロッパ
(全48地域)
イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・ポルトガル・スウェーデン・スイス・オーストリア・ギリシァ・ベルギー等
北米
(全19地域)
アメリカ・カナダ・メキシコ・ジャマイカ・プエルトリコ等
南米
(全17地域)
アルゼンチン・ブラジル・チリ・コロンビア・ペルー・コスタリカ等
アフリカ
(全14地域)
エジプト・南アフリカ・ケニア・モロッコ・ナイジェリア等
中東
(全11地域)
アラブ・イスラエル・サウジアラビア・クウェート・サウジアラビア等

※その他の地域については、以下公式サイトで確認できます。

https://mugen-wifi.com/oversea.html

ポケットWi-Fiの端末代金・送料が無料

ポケットWi-Fiの契約時、最も高額になる可能性があるのは端末代金です。

サービスによっては数万円するモバイルWi-Fiルーターを一括払い、もしくは分割払いで購入しなくてはなりません。

その点、Mugen WiFiはモバイルWi-Fiルーターがレンタルできる上、レンタル代金も送料もかかりません

ポケットWi-Fiのサービスによっては、解約時に支払い前の分割払いの代金を一括で支払わなくてはならないケースもあります。

しかしMugen WiFiでは、そもそも端末を購入するわけではないので、その必要もありません

他社に比べて解約金が安い

Mugen WiFiは2年間の契約期間を設けていますが、解約金が他ポケットWi-Fiと比べ比較的安価なのもメリットの1つ

実際どのくらい差があるのか比較してみましょう。

Mugen WiFi ワイモバイル カシモWiMAX
●契約期間2年間

●解約金
~1年未満:9,000円
~2年未満:5,000円
2年目以降:0円

●契約期間2年間

●解約金
9,500円

●契約期間3年間

●解約金
~1年未満:19,000円
~2年未満:14,000円
2年目以降:9,500円

このように解約金が安いと、契約もしやすいですね。

契約して30日以内なら前述の全額返金保証キャンペーンも適用できますし、初めてポケットWi-Fiを利用される方にもおすすめできます

Mugen WiFiに存在するデメリット

これまで見てきたように、Mugen WiFiには様々なメリットがありました。

一方で、他のポケットWi-Fiと比べた場合のデメリットもいくつかあり注意しなくてはなりません

主なデメリットは、以下の通りです。

  • 支払方法はクレジットカードのみ
  • 通信障害のリスクがある
  • サポート体制に不安が残る

以下、1つずつ解説しますね。

支払い方法はクレジット払いのみ

Mugen WiFiの支払い方法はクレジットカードのみです。

そのため口座振替・電子マネー等で支払いをしたい方は不便に感じるかもしれません。

【Mugen WiFiの支払いに対応しているクレジットカードの種類】

VISA/JCB/MasterCard/AMERICAN EXPRESS/DinersClub

通信障害の発生リスクがある

Mugen WiFiと同様にクラウドSIMを使った形態のポケットWi-Fiサービスでは、利用者の増加にともない何度か通信障害が発生しています

Mugen WiFiでも、今後の利用者増加によって、通信障害が発生しないとも限りません。

クラウドSIMを使ったポケットWi-Fiは比較的新しいサービスであり、旧来のサービスと比べると今だ信頼性が高いとは言えません。

代わりにマルチキャリアで利用可能というメリットはあるものの、こういったデメリットがあることは認識しておく必要があるでしょう

サポート体制に不安が残る

Mugen WiFiは2020年9月に登場したばかりの、まだ新しいサービスです。

Mugen WiFiに限りませんが、新しいサービスについては他社サービスと比べサポート体制が整っているか不安が残るところです

ただしサービスが継続していけばサポートの体制も整備され、サポート品質も向上していくとは考えられます

Mugen WiFiと無制限ポケットWi-Fiのプランを比較

Mugen WiFiは月間データ通信量100GBまでのプラン

ここでは無制限のプランと比べ、どう違うのか、使い勝手とコストパフォーマンスにポイントを絞って比較してみます。

どのくらい使い勝手は異なるか

月間データ通信量100GBのMugen WiFiと月間データ通信量無制限のプランで、使い勝手はどのように異なるでしょうか。

結論から言うと、「月間データ通信量100GBでどのくらい使えるか」です。

月間データ通信量無制限のプランであれば、理論的には月間データ通信量100GBのプランの上限を超え使えることになります。

以下、ポケットWi-Fiを日常的に利用するなかで最もデータ通信量の消費が激しい動画視聴を例に、100GBで「どのくらい使えるか」みてみましょう。

(通常、ホームページ参照やLINEでのメッセージやり取り・通話、メール送受信などで月間100GBのデータ通信量がなくなることはありません。)

【データ通信量(100GB)の目安】

※パソコンでYouTube(5分間)を視聴する場合

画質の種類 データ通信量 100GBで視聴可能な回数(時間) 1日あたり(平均)
超高画質 約113MB 約880回(約70時間) 約29回(約2.3時間)
高画質(HD) 約60MB 約1,660回(約130時間) 約55回(約4.3時間)
標準画質(SD) 約17.5MB 約5,700回(約470時間) 約190回(約15.6時間)
低画質 約10MB 約10,000回(約830時間) 約330回(約27.6時間)

比べてみると、YouTubeの動画をパソコンで視聴する場合、標準画質(SD)までなら「ほぼ無制限と使い勝手は変わらない」と考えてよさそうです

(1日約15.6時間も動画視聴する人はいないですよね…)

ただ超高画質・高画質の動画をたくさん視聴したい人の中には、月間100GBのプランだと物足りないと感じる人もいるかもしれません。

特に1日2~4時間以上、ポケットWi-Fiを使って動画視聴するという方は、気を付けないといけないかもしれませんね

またインターネットでたくさんデータを送受信する人も、100GBのデータ通信量で足りるか検討した方がよいでしょう

たとえばDVD(片面)なら映画約2時間分・4.7GBのデータを記録できます。

この計算で算出すると、100GBあれば2時間映画のデータ約21回分ダウンロード可能。

また、当たり前ですが、1GBのデータなら約100個ダウンロードできる容量です。

このぐらいで「十分足りる」という方は100GB、「それ以上必要」という方は無制限のポケットWi-Fiを選ぶとよいですね。

Mugen WiFiと無制限ポケットWi-Fiでコストパフォーマンスが高いのはどちらか

次にMugen WiFiと月間データ通信量無制限のポケットWi-Fiサービスで、実際どのくらい料金が異なるのかみてみましょう。

サービス名 月額料金
(税抜)
3年間総額
(税込)
実質月額料金
(税込)
Mugen WiFi
(月間100GB)
3,150円 128,040円 3,556円
Broad WiMAX
(月間無制限)
3,411円
※2ヵ月目まで2,726円、25ヵ月目以降は4,011円
144,489円 4,013円
ワイモバイル
(月間無制限)
4,365円 176,154円 4,893円
THE WiFi
(月間無制限)
4,642円
※3ヵ月目までは4,280円
185,929円 5,164円

実質月額料金とは、月額費用だけでなく初期費用も含めて考えたときに「平均で毎月どのくらいの月額料金がかかっているか」を示すデータです。

当然ながら、月間データ通信量無制限のポケットWi-Fiと比べると月間データ通信量100GBのMugen WiFiは低価格

一方で、ご覧のように月間データ通信量無制限のサービスと言っても、サービスごとで料金差が大きくなることが分かります。

たとえば、比較したなかで月間データ通信量無制限の最も安いBroad WiMAXと、Mugen WiFiの実質月額料金の差は500円弱です

このぐらいの差で「安いから月間100GBを選ぶか」と考えるか、「この程度の差なら無制限を選ぼう」と考えるかは、人によって異なります。

前項の使い勝手や、このようなコストパフォーマンスをみて、どちらがご自身の使い方や希望にあっているか、考えてください。

ポケットWi-Fiを利用する人によって、どちらを選ぶか異なってくるでしょう。

月間データ通信量無制限のポケットWi-Fiでおすすめはどれ?

参考までに、月間データ通信量無制限のポケットWi-Fiサービスのなかで、どれが安いか実質月額料金をベースに比べてみましょう。

【月間データ通信量無制限のポケットWi-Fi実質月額料金比較】

サービス名 初期費用
(税抜)
月額費用
(税抜)
キャンペーン 3年間総額 実質月額料金
(税込)
GMOとくとくBB 事務手数料:3,000円
端末代:0円
4,263円
※2ヵ月目までは3,609円
最大31,500円のキャッシュバック、
端末代無料
138,876円 3,857円
Broad WiMAX 事務手数料:3,000円
端末代:0円
3,411円
※2ヵ月目までは2,726円、25ヵ月目以降は4,011円
端末代無料
月額料金割引
144,489円 4,013円
ワイモバイル 事務手数料:3,000円
端末代:0円
4,365円 - 176,154円 4,893円
THE WiFi 事務手数料:3,000円
端末代:0円
4,642円
※3ヵ月目までは4,280円
- 185,929円 5,164円
ドコモ ポケットWi-Fi
(5Gギガホ/SH-52A)
事務手数料:3,000円
端末代:62,640円
7,650円 - 375,144円 10,420円

ご覧のように、GMOとくとくBBが最も実質月額料金が安くなっています。

月額料金だけみるとBroad WiMAXの方が安いですが、GMOとくとくBBは高額なキャッシュバックがあるので、3年総額では最も安くなるのです。

月間100GBのMugen WiFiでなく、月間データ通信量無制限のサービスを使いたいときは、GMOとくとくBBを選べば最もお得でおすすめです

なお、月間データ通信量無制限といっても、速度制限のルールが全くないわけではない点は注意して下さい。

たとえば比較したなかでTHE WiFiなら1日4GB、GMOとくとくBB/Broad WiMAX/ワイモバイルは、3日で10GBというルールがあります

このデータ通信量を消費すると速度制限が実施されることになるわけです。

いずれも余裕のある設定で影響のある人は少ないと想定されますが、あくまで月間データ通信量無制限で完全無制限ではない、ということは覚えておいた方がよいでしょう。

まとめ

Mugen Wi-Fiは月間100GBという大容量を、月額3,150円で使えるポケットWi-Fiサービスです。

月間100GBの他ポケットWi-Fiサービスと比べると、最安価格となっています。

またMugen Wi-Fiには海外利用であったり、30日間全額返金キャンペーンがあったりといったメリットもあります。

一方、月間データ通信量無制限のポケットWi-Fiと比較すると使い勝手が若干異なるので注意が必要です

高画質な動画をたくさん視聴したい方は無制限のサービス、安い方が良い方はMugen Wi-Fiを選ぶとよいでしょう。

なおMugen Wi-Fiでも、計算上パソコンで高画質な動画を1日2~4時間程度視聴できる計算です。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5

送信

     

キャンセル

レビューを書いてみましょう

平均:  

 0 レビュー

無限Wi-Fi 評判
最新情報をチェックしよう!