Y!mobileの口コミ・評判は?人気の理由とメリット・デメリットを詳しく解説

格安SIM「Y!mobile」って実際どうなの?

ソフトバンクのスマホを利用しているけども、料金が高いなと感じている方もいるでしょう。

600社ある格安スマホの中から自分にあったブランドを見つけるのは難しいですよね。

まず格安SIMと聞くと、ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」とKDDI、auのサブブランド「UQ mobile」をイメージする人が多いのではないでしょうか。(NTTドコモは格安ブランドなし)

今回はソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」の人気の理由と意外な落とし穴を解説します。

Y!mobileの口コミ・評判

Y!mobileはソフトバンクグループのサブブランドとして格安SIMを提供している為、店舗数が多いのが特徴です。

ソフトバンクショップと併設されている店舗もありますので、見かけた方も多いのではないでしょうか・

この章では、Y!mobileのいい評判と悪い評判を併せて解説していきます。

以下で内容をまとめましたので確認していきましょう。

Y!mobileのいい口コミ・評判

まずY!mobileのいい評判ですが、以下のような点があがります。

  • ポイントがたまりやすい
  • 速度が速い
  • 店舗数が多いからサポートが受けやすい

ポイントがたまりやすい

Y!mobileはYahooが提供している為、YahooショッピングやPayPayモールでの買い物時にポイントがたまりやすいのが特徴です。

Yahooショッピングでの買い物をPayPay残高支払い等で支払いすると、毎週日曜日は最大で22%相当が戻ってきます。

ネットショッピングを頻繁に利用する方は、Y!mobileを利用してスマホ代を抑えつつお得に買い物もできる為、非常に便利といえるでしょう。

速度が速い

格安SIMの利用で懸念されるトップクラスの理由として通信速度の遅さが挙げられます。

Y!mobileはソフトバンク回線を利用しており、サブブランドであってもソフトバンクと同じ水準の速度です。

他の格安SIMで見受けられる速度面での不満が、Y!mobileでは少ないのはそのためでしょう。

店舗数が多くサポートを受けやすい

Y!mobileは格安SIMの中でも、トップの店舗数を誇っているため、サポートが非常に受けやすくなっています。

2020年3月の調査では、Y!mobileが881店舗、UQモバイルが182店舗と圧倒的に店舗数が多いです。

ネットでの申込が主流の格安スマホ業界ですが、対面で安心して申込できるのは非常にメリットといえるでしょう。

Y!mobileの悪い口コミ・評判

トップクラスの利用者を誇るY!mobileですが、もちろんいい評判だけではありません。

なかには悪い評判もありますので、注意するべき点として覚えておきましょう。

悪い評判としては以下の内容が挙げられます。

  • 料金が比較的高い
  • 契約できる端末が少ない
  • データの繰り越しができない

料金が比較的高い

格安スマホの代表ともいえるY!mobileですが、料金面は他の格安スマホと比べると若干高めの設定になっています。

料金プランは3プラン用意されており、スマホベーシックプランであれば「1,480円」(おうち割もしくは家族割適応時)でスマホを持つことができます。

ただし、国内通話が10分間は無料で利用が可能な為、短い時間頻繁に連絡を取らなければいけないビジネスマンにはおすすめといえるでしょう。

契約できる端末が少ない

格安スマホ全般にいえることですが、契約できる端末には限りがあります。

最新のiPhoneなどをショップ経由で契約することはできませんが、SIMフリーの端末を購入すればY!mobileではSIMカードだけ購入が可能です。

SIMカードを購入後、別途購入した端末で利用することで、好きな端末を利用しましょう。

データの繰り越しができない

Y!mobileでは、プラン内容にデータの繰り越しがありません。

他の格安スマホにあるような、使用しない月はデータ量を翌月に繰り越して使用はできませんので、その月によって利用頻度が変わる方にとっては不向きといえるでしょう。

データの繰り越しはできませんが、従量課金することでデータ容量の調整は可能です。

Y!mobileが人気な理由

Y!mobileが人気な理由としては総じてバランスがいいことにあるでしょう。

ユーザーがY!mobileに流れやすい理由は前述しましたが、重要なのはY!mobileのサービス内容です。

いくら利用者が多く人気のある格安スマホだからといっても自分が利用しやすいことが重要です。

契約してから後悔しないようにしっかりと確認をしておきましょう。

Y!mobileのサービス内容は以下の順で解説します。

  • 料金プラン
  • 通信速度
  • 通信エリア
  • キャンペーン
  • Yahooプレミアム会員

料金プラン

Y!mobileのプランはシンプルに構成されており3パターンから選ぶ仕組みになっています。

条件を満たすと月額料金が1,480円~契約することができるので、大手キャリアと比較するととても安く利用することができます。

Y!mobileの料金体系

スマホベーシックプランS スマホベーシックプランM スマホベーシックプランR
月額料金 1,980円 2,980円 3,980円
おうち割光セット or 家族割(2回線以上契約)適用時 1,480円 2,480円 3,480円
データ容量 3GB 10GB 14GB
データ増量オプション

加入時

4GB 13GB 17GB
節約モード時 最大300Kbps 最大1Mbps
オプション 国内通話10分かけ放題付き
通話料 20円/30秒(SMS送信料3円/通)

スマホベーシックプランM・Rは契約しているデータ量を超過しても通信速度は1Mbpsで留まってくれるので、低速になっても比較的スムーズに利用できます。

また他社からの乗り換え・新規契約時にデータ増量オプションが1年間無料になるキャンペーンがあります。

1年経過後は「データ増量オプション」の料金として月額500円がかかります。

そして2020年10月28日、Y!mobile向け新料金プランが発表されました。

2020年12月下旬より新料金プランが提供開始されます。

料金プラン名 シンプル20
月額料金 4,480円
高速データ通信容量 20GB
高速データ通信容量超過時の通信速度 最大1Mbps
通話料 国内通話10分かけ放題付き

料金プラン名は「シンプル20」ということもあり、確かにシンプルなプランです。

このシンプル20は従来のスマホベーシックプランとは違い「おうち割光セット」「家族割」の割引を受けることはできません。

また2021年春頃にソフトバンクショップ・Y!mobileショップ・コールセンター・My Softbank/My Y!mobileオンラインにてMNP手数料を完全撤廃させる他、My Softbank/My Y!mobileでのMNP受付を24時間対応すると発表しています。

通信速度

格安SIMは「通信速度が遅い」というイメージを持つ方が多いと思います。

確かに自社回線を利用せず大手キャリアから通信の一部をレンタルしているので、通信速度に不満を持っている方も少なくありません。

ところがY!mobileの場合は自社回線を利用した通信のため、大手キャリアにも劣らない比較的安定した通信速度で利用でき満足度も高いです。

時間帯 通信速度
全日 38.5Mbps
朝(9時~10時) 41.8Mbps
昼(12時~13時) 36.4Mbps
夜(17時~18時) 37.2Mbps

通信エリア

ソフトバンクのネットワークを利用しているので通信エリアはソフトバンクと同じです。

基本的には全国に拡大していますので、地方や田舎を除き利用できることの方が多いと思います。

ソフトバンク公式サイトでは通信が可能か確認できるエリアマップを見ることができるので、住んでいる地域を事前に確認するようにしましょう。

キャンペーン

現在実施されているY!mobileキャンペーンについて解説します。

どこでももらえる特典 オンラインストアでエントリーしてpaypay3,000円分進呈
ワイモバ学割 対象年齢:5歳~18歳/最大13ヵ月間→月額900円~
データ増量無料キャンペーン2 データ増量オプション500円が1年間無料
60歳以上通話ずーっと無料キャンペーン 条件を満たすと「スーパーだれとでも定額」月額1,000円が無料

大きなキャッシュバックキャンペーンは行っていないものの、若年層には嬉しい学割や月額500円かかるデータ増量オプションが1年間無料になるのはお得なキャンペーンです。

Yahoo!プレミアム会員が無料

通常「Yahoo!プレミアム会員」になると月額462円の費用がかかります。

しかしY!mobileを契約すると月額費用が無料になります。

こちらのサービスを利用するとYahoo!ショッピングサイトで買い物をしてポイントを貯めたり、ブック放題で雑誌やマンガが読めます。

Yahoo!プレミアム会員になりYahoo!ショッピングで買い物をすると、お買い物代金から3%ポイントで戻ってきます。

3%還元対象ストア

・Yahoo!ショッピング

・PayPayモール

・LOHACO

5%還元対象ストア

・Yahoo!トラベル

・GYAO!ストア

普段からYahoo!ショッピングで買い物をしている方なら、プレミアム会員費が無料になるのは嬉しいですね。

Y!mobileの意外な落とし穴とは?

Y!mobileの人気の理由は様々な観点から見てもバランスが良いという点です。

ではY!mobileに欠点がないかというと、そうではありません。

落とし穴になりうる項目を以下で解説していきますので、確認していきましょう。

  • 余ったデータ量を翌月に繰り越せない
  • 選べる料金プランが少ない
  • データ節約モードがない

余ったデータ量を翌月に繰り越せない

格安スマホ各社では余ったデータ量を翌月に繰り越せるサービスを展開しております。

しかしY!mobileでは翌月にデータ量を繰り越すことはできません。

その上料金プランが3種類しかないためデータ量が余った場合はもったいないですが諦めるほかありません。

参考までに格安SIM各社のデータ量翌月繰り越し可否一覧を記載します。

データ量翌月繰り越し可能格安スマホ 格安SIM各社 有効期限 追加購入分
UQモバイル 翌月末まで 90日
BIGLOBEモバイル 翌月末まで 翌月末まで
LINEモバイル 翌月末まで 翌月末まで
IIJmio 翌月末まで 3ヵ月
NifMo 翌月末まで ×
nuroモバイル 翌月末まで 3ヵ月
イオンモバイル 翌月末まで ×
mineo 翌月末まで 翌月末まで

選べる料金プランが少ない

Y!mobileの料金プランはベーシックプランS.M.Rの3種類しかありません。

これはこれでシンプルで良いという方は一定数いらっしゃると思いますが「翌月繰り越しができない」「少量データプランや大量データプランがない」と言う方もおられます。

今回発表された新プラン「シンプル20」は20GBのデータ量が利用できるので、Y!mobileにとっては一番データ量の多いプランとなります。

データ節約モードがない

データ節約モードとは高速通信と低速通信を切り替えながら利用することにより、データ量を節約することができる機能です。

格安スマホ各社ではこの機能を採用しているところは多くある中、Y!mobileでは格安スマホ各社で可能なデータ節約モードがありません。

Y!mobileと他社比較

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドということもあり、ユーザーからの信頼度は高いです。

しかし格安スマホはもちろんY!mobileだけではなく、月額料金が安い格安スマホサービスが存在します。

「格安スマホならY!mobile」という一択ではなく、ユーザーが何を重視するかによって他社が優勢になる場合も往々としてあります。

こちらの章ではY!mobileと他社を比較してみました。

Y!mobile UQモバイル BIGLOBEモバイル LINEモバイル OCNモバイルONE mineo
月額料金

(3GB前後)

1,980円

家族割適用で

1,480円

1,980円

家族割適用で

1,480円

1,600円 1,480円 1,480円 1,510円

(Aプラン)

キャリアメール

@ymobile.ne.jp

@uqmobile.jp

× × × ×
10分かけ放題 月額0円

(標準)

月額700円 月額830円 月額880円 月額850円 月額850円
回線種別 ソフトバンク au au

ドコモ

au

ドコモ

ソフトバンク

ドコモ au

ドコモ

ソフトバンク

翌月データ繰り越し ×
最低利用期間 2年間(自動更新) なし 12ヵ月 12ヵ月 6ヵ月 12ヵ月
違約金 9,500円(税抜) なし 8,000円 9,800円 8,000円 9,500円

Y!mobileをお得に持つ方法

「スマホを2台持ちしている」「タブレットを持っている」など、そんな使い方をしている人にお得な持ち方を解説します。

また「家族全員スマホを所有している」場合にも、Y!mobileはお得に利用することができます。

Y!mobileは「子回線専用プラン(シェアプラン)」というプランがあります。

このプランは1つの回線のデータ量を複数の端末でシェアして利用できるサービスです。

SIMカードは最大3枚まで追加することができます。

シェアプランが申し込める親回線対象プラン

スマホベーシックプランS・M・R/データベーシックプランS・L

しかし注意したいのは、追加SIM3枚はデータ専用のため音声通話はできません。

その代わりSMS(ショートメールサービス)は利用することができます。

子回線基本使用料

スマホベーシックプランS

データベーシックプランS

スマホベーシックプランM・R データベーシックプランL
基本使用料

(3回線まで)

980円/月 490円/月 0円/月

Y!mobileと他社格安スマホの違うところ

Y!mobileは他社より少し月額料金が高いところをデメリットと感じる方もいるかと思います。

しかし他の格安スマホ会社とは違うポイントがあり、それをメリットと感じる方もいます。

  • 10分の無料通話が初めからついている
  • テザリングが使える
  • 「キャリアメール」「MMS」「SMS」が使える
  • ソフトバンクWi-Fiスポットが利用できる

10分通話かけ放題が初めからついている

格安スマホ各社でも10分の通話かけ放題をつけることはできます。

しかしほとんどの会社は月額800円前後の費用がかかることが多い中、Y!mobileははじめからついています。

各社の通話サービス料金一覧

会社名 分数 月額料金
Y!mobile 1回10分まで 月額0円(標準)
完全かけ放題 月額1,000円
IIJmio 1回10分まで 月額830円
1回3分まで 月額600円
イオンモバイル 1回10分まで 月額850円
完全かけ放題 月額1,500円
BIGLOBEモバイル 1回10分まで 月額830円
1ヵ月90分まで 月額830円
1回3分まで 月額600円
1ヵ月60分まで 月額600円
OCNモバイルONE 1回10分まで 月額850円
完全かけ放題(3番号のみ) 月額850円
1回10分まで+完全かけ放題(3番号のみ) 月額1,300円
UQ モバイル 1回10分まで 月額700円
1ヵ月60分まで 月額500円
完全かけ放題 月額1,700円
LINEモバイル 1回10分まで 月額880円
nuroモバイル 1回10分まで 月額800円
mineo 1回10分まで 月額850円
1ヵ月60分まで 月額1,680円
1ヵ月30分まで 月額840円

テザリングが使える

テザリングとは外出先などでWi-Fiがない環境でも、スマホ経由でパソコンやタブレットをインターネットにつなげる機能を指します。

テザリングが使えるかどうかは「利用している格安SIMの回線タイプ(ドコモ・au・ソフトバンク)」・利用機種・SIMロック解除がされているかによって異なります。

格安SIMのホームページで必ずチェックを行いましょう。

Y!mobileのテザリング対象プラン

スマホベーシックプラン/スマホプラン、データベーシックプラン/データプラン、シェアプラン、ケータイベーシックプランSS/ケータイプランSS

「キャリアメール」「MMS」「SMS」が使える

Y!mobileは「キャリアメール」「MMS」「SMS」がはじめから利用できます。

基本的に格安スマホに乗り換えるとキャリアメールが使えなくなります。

ドコモ「@docomo.ne.jp」

au「@ezweb.ne.jp」

ソフトバンク「@softbank.ne.jp」「@i.softbank.jp」

Y!mobileの場合は月額料金無料でMMSというサービスを使った絵文字や写真を送受信できるキャリアメールを利用することができます。

ドメイン「@ymobile.ne.jp」

大手キャリアから乗り換えた場合@以降が変わりますのでY!mobileにしてもアドレスは変わりますが、それはどこに乗り換えても同じなのでやむを得ません。

さらにパソコン等のWebメールとして使える「@yahoo.ne.jp」が利用できます。このドメインはY!mobileじゃなくても利用することができます。

また「SMS(ショートメールサービス)」は電話番号を用いてメッセージを送り合うことができるサービスです。格安スマホ各社は月額150円前後の費用がかかりますが、Y!mobileは無料で利用することができます。

ソフトバンクWi-Fiスポットが利用できる

大手キャリアを利用している際は、全国の駅・コンビニ・空港など様々な場所でつながるフリーWi-Fiスポットが利用できます。しかし他社に乗り換えると無料で利用することができなくなるのが基本です。

Y!mobileの場合ソフトバンクのサブブランドということもあり、ソフトバンクWi-Fiスポットを利用することができます。

大手キャリアの中でも圧倒的に数が多いのはソフトバンクWi-Fiスポットで、全国に45万箇所のスポットがあり国内NO.1です。

スポット数が多ければ多いほど、データ量を節約できるのは嬉しいですね。

【ソフトバンクWi-FiスポットSSID】

001softbank/002softbank/ mobilepoint/FON

他社からY!mobileに乗り換える手順

他社からY!mobileに乗り換える方法は2つあります。

1つは「オンラインストアでの申し込み」もう1つは「Y!mobileショップで申し込み」です。

「オンラインで自分でできる」「わざわざショップに行くのが面倒」という方はオンラインストアの手続きをおすすめします。

料金プランや機種の性能など、「ショップスタッフに聞いた方が安心感がある」という方はショップでの手続きをおすすめします。

オンラインストアでの申し込み手順

まずはオンラインストアでの申し込み手順から解説します。

今ではネットからでもMNP(他社からの乗り換え)ができます。

「店舗に行きたくない」という方はオンラインから済ましてしまいましょう。

  1. Y!mobileのオンラインストアへアクセス
  2. 機種・プランを選ぶ
  3. 新規契約の契約審査
  4. 自宅に機種とSIMが到着

不明点はサイト内にチャットサービスが設けられていますので気軽に質問してみましょう。

Y!mobileショップでの申し込み手順

続いてY!mobileショップでの申し込み手順を解説します。

新型コロナウイルスの影響により三密を避けるため、店舗によっては予約優先性になっているところがあります。また予約せずに来店すると「待ち時間が発生する」「受付を断られる」などがありますので、余計な時間や手間をかけないように来店の予約を取ってから行くようにしましょう。

  1. お近くの店舗に来店予約をする
  2. 必要書類を持参する
  3. スタッフの案内を受けながら機種・プランを選ぶ
  4. 契約・初期設定

他社から乗り換える場合、オンラインストアでもY!mobileショップでもMNP予約番号の取得が必要です。

またソフトバンクからY!mobileに乗り換える際であっても、ソフトバンク契約の更新月でなければ変わらず9,500円(税抜)の費用が発生する場合があります。

各社の問い合わせ窓口を記載しておきます。

携帯会社 受付窓口
NTTドコモ 携帯電話:151

一般電話:0120-800-000

au/沖縄セルラー 0077-75470
ソフトバンク 0800-100-5533
UQ mobile 0120-929-818

まとめ

Y!mobileは格安SIMの中でも比較的口コミや評判は高いです。

月額料金・通信速度・通信エリア・実店舗の多さなど大手キャリアに劣ることのない品質の高さではないかと思います。

しかしそんなY!mobileにも格安SIM各社では当然ついている機能が無いなど、意外な点もあります。

しかしそんな意外な落とし穴さえも凌駕する品質の高さにより、格安SIMブランドを牽引しているのだと思います。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5

送信

     

キャンセル

レビューを書いてみましょう

平均:  

 3 レビュー

byみつお onY!mobile
Yモバイルでも5G

もうすぐYモバイルでも5G対応になりますね!
2月からかあ。今から待ち遠しいです。
格安スマホでは、なかなか厳しいかなあと思っていたけれども、対応が早くてうれしい!

by阿部 onY!mobile
Yモバいいですよ。

やっぱり通信費を安く抑えられたのはありがたいですね。
しかも通信が安定して速い!!
ちょっと他の格安スマホと比べたら高いのかなあ…と思ってましたが、通信の質を考えたら妥当かなあ、と。
もうちょっと安ければ、★5つ。

byコストカッター onY!mobile
乗り換えてみました。

スマホの通信費を減らしたくて、Y!モバに変更しました(元々がソフトバンクユーザーなので)。
意外とあっさり機種変もできてよかった…キャリアメルアドはなくなっちゃいましたが(^-^;)
Gメール使用しているけど、Yahooメールにした方がいいんかな?
通信費はだいぶ縮小できましたよ!

格安SIM「Y!mobile」って実際どうなの?
最新情報をチェックしよう!